※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

犬猿の仲

「細かい事にうるさいな。このくらい認めろよ」
「全然、細かい事じゃない。こんな高額経費は認められない」
「俺達はこれが仕事なの!」

 営業の人間は本当に金にルーズだ。
 なんてコストパフォーマンスの悪い人間達なんだろう、と話をする度に思う。
 特にこいつはうるさい。我が物顔で道路を歩く大型犬のようだ。

***********

 後日。その大型犬が二人だけで話がしたいと俺の所に来た。

「お前……。C社の常務と知り合い?」
「なんで?」
 嫌な予感がしたが、二丁目で顔を見たことがあるだけで、知り合いな訳ではない。
「常務がさ。何故か、お前と俺の仲がいいって誤解していて」
「それは凄い誤解だな」
「俺も……なのかって聞かれたんだけどさ……」
 ばらしたのか。よりにもよってこいつにか。頭が痛い。
「お前って、そうなの?」
「そうだよ」
「あっさりしてるな、お前」
「だって、ばれたものは仕方ないし、向こうだって立場上ばれたくないだろうし、
ばらさないだろ」
「まあ、確かに……。それでな。断ってくれていいんだけどさ」
「何を?」
「食事でもどうかって」
「俺と?」
「いや、大丈夫だぞ! 安心しろ! 俺がうまく断っておくから!」
「断るって……。もったいないじゃん。5億の仕事だろ」
「俺を馬鹿にするな。そんなやり方で納得出来るか!」
 いつもの接待三昧の方法とどう違うんだと思ったが、言うとまたうるさくなりそうなのでやめた。
「別にいいよ」
「え?!」
「一度でいいんだろ?」
「ええええ?!」
 飲み食いくらいは常務が払いそうだし、あっちの経費になるなら高い酒を頼んじまえ。
「なんだ、そのルーズさは! 金にはうるさいのに!」
 一番言われたくない奴に言われてカチンときたが、とりあえず耐えた。
「金にはうるさくないとダメだろ。金は使えば減る。体は減らない」
「ダメだ! よく考えろ。お前が会社の犠牲になる必要はない!」
「いや、別に犠牲になってるつもりは……」
 何かに似てるなあと思ったら、家の近所にいる郵便局員にもワンワン吠えている馬鹿犬だった。
 別にいいから。番犬いらないから。近所迷惑だから。
「俺はお前の事が正直嫌いだ! 嫌いだが、それとコレとは話が別だ! 俺はお前を守る! 俺にまかせろ!」
 俺の話も聞かず、奴は部屋を出て行った。

************

 更に後日。

 商談は他社に持って行かれたらしいと他の部署から聞いた。
ああ、あの時に俺のいう通りにしていれば、何の問題もなかったのに。
本当にコストパフォーマンスの悪い奴だ。

「また、ずいぶんと高額の領収証たちで……」
「これが仕事なんで」
「5億の取引、棒にふったくせに」
 ボソッと嫌みを言ってみた。だが、奴はニヤリと笑って俺に言った。
「猿知恵って知ってる?」
「はあ?」
「お前はうまく立ち回ってるつもりかもしれないけどな。生意気で本当に思慮が足らない。
経費の事だって、重箱の隅をつつくような事……、あ、今はそんな話じゃないか」
「ああ、そう。猿知恵で悪かったね」
「人間はそんなに捨てたもんじゃない。人間は、情もあるし、理性もあるし、
悪い事は悪いってちゃんと判断出来るんだ。そして会社は人間が動かしているんだ」
「だから?」
「5億はとられた。でも50億をとってきたんだから文句ないだろ」
「え?」
「酒っていうのは人間関係を作るんだよ。ちゃんとその領収証、落とせよ。経費だから」
「……え?」

 得意げに立ち去っていくアイツの後ろ姿に、大型受注の成功をたたえる言葉があちらこちらから聞こえた。
 ああ、本当にアイツには腹がたつ。