※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主人公×ラスボス

ラスボス「よくぞここまでたどり着いた勇者よ」
ラスボス「我が右腕となれば世界の半分をくれてや…」
勇者「お前が欲しい!!!!!!!」
ラスボス「え?」
勇者「ラスボスたんラスボスたん本物のラスボスたんktkrハァハァハァァアあああああ!!!」
勇者「結婚してくれラスボスうぅうううううう!!!」ガバッ
ラスボス「ひぃっ!!」
女戦士「バインド!!」ビシィッ
勇者「ハァン!」
女戦士「すまないラスボス。勇者はこちらで抑えておくから続けてくれ。」
ラスボス「いや、ちょっと状況がよくわからないんだが」
女魔法使い「とりあえず~、"断られた"ってことでぇ~、すすめて?」
ラスボス「あ、ああ…」ゴホン「では」
ラスボス「我が誘いを断るとは愚かな!では力づくでかかってくるがよ…」
勇者「 力 づ く 頂きましたあぁあああああ!!!!やだもう奪われるのがお好きなのねラスボスたん!!僕ら気が合うね結婚しようそうしよう今すぐぅうううう!!」ガバッ
女戦士「ダブルバインドォッ!!」ビシビシィッ
勇者「アゥン!!」
ラスボス「…あの、やはり説明を求めてもよいか?」
女戦士「ああ。では簡潔に説明しよう。女賢者!」
女賢者「勇者は、あなたに首ったけ。」
ラスボス「え?」
女賢者「?」
女戦士「…あー、つまりな、勇者はラスボスたる貴殿に懸想しているのだよ。…いささか病的なまでに、な」
勇者「恋の病だからあぁぁぁあ!!ラスボスたんにしか癒せない恋の病だからああああ!!ラスボスたんにお注射したらなおるからぁああああ!」
女戦士「脱ぐな」バシッ
勇者「ウホォウ!!」
女魔法使い「ちょっと~、特殊な性癖の持ち主ってとこかな~?」
ラスボス「…ちょっとか?」
男格闘家「理解できない性癖はない、そう思っていた時期が俺にもありました!」

勇者「ラスボスたん!ラスボスたん!ラスボスたん!ラスボスたぁんんぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくんんはぁっ!ラスボスたんの緑色ヌメった頭をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!ハムハムしたいお!ハムハム!ハムハム!爬虫類の角角ツンツン!ハムハムツンツン…きゅんきゅんきゅい!!
序盤に出てきたラスボスたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
途中まで正体ばれなくて良かったねラスボスたん!あぁあああああ!かわいい!ラスボスたん!キモかわいい!あっああぁああ!
第二形態もグロかわいくて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!よく考えたら…
ラ ス ボ ス た ん は 仲間 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!勇者なんかやめ…て…え!?見…てる?第一形態のラスボスたんが僕を見てる?第二形態のラスボスたんが僕を見てるぞ!ラスボスたんが僕を見てるぞ!第三形態のラスボスたんが僕を見てるぞ!!最終形態のラスボスたんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはラスボスたんがいる!!やったよ神様!!ひとりでできるもん!!!ううっうぅうう!!俺の想いよラスボスたんへ届け!!ラスボスたんの深部へ届け性的な意味でぇぇええ! 」ハァハァハァ

ラスボス「…貴様ら、よくこの勇者と組んでいられるな…」
女戦士「今みたいに理性が飛んでいなければ、普通の好青年だ。残念ながらな」
女魔法使い「国民にもぉ~、割と好かれてるみたいよぉ?」
女戦士「だが、この勇者には一つ欠点があってな。」
女賢者「"ラスボスたんが居ない!"と、定期的に錯乱する。」
女魔法使い「ちょっと~、困りもの?みたいな?」
男格闘家「この人、錯乱するとメテオとか打つんすよ!?」
女戦士「近頃、錯乱するサイクルが短くなってきてな…」
男格闘家「俺らだけじゃ、もう抑えられなくて!マジ世界ヤバかったっす!」
女賢者「…だから来た。この変態に匹敵する力を持つのは、真の魔王たるあなただけ」
女戦士「世界を守るには、もうこの方法しかないのだ」
女魔法使い「貴方も一緒にぃ、犠牲になってぇ?」

ラスボス「え?」
勇者「えへっ?^^」

女戦士「トリプルバインドォッ!」ビシビシビシィッ
ラスボス「えっ!?儂!!?」ギュッ
勇者「はにゃあぁぁぁぁああん!?ラスボスたんが縛りプレイされてるぅうううう!!!」ビクンビクン
ラスボス「!!は、離せ!!この縄を外してくれぇええ!!」ジタバタ
女戦士「勇者を拘束するために極限までに鍛えた技だ。そう簡単には解けぬ。許せ。」
男格闘家「あ、これ、俺らからの心づくしです!国の粋を尽くした最高級羽毛布団!」ファサッ
ラスボス「え?え?」
男格闘家「ちゃんとラスボスさんサイズで作らせたっすから!結構重かったっす!」
女賢者「国中の鳥、しめた。」
男格闘家「血反吐吐いて修行して決死の覚悟で鍛えた筋肉の使い道の終着点が"勇者&ラスボスたん愛の新婚初夜布団"の運搬になるとは思わなかったっすわ!」
ラスボス「なにそれこわい」
男格闘家「でもまあ、いまからラスボスさんの身に起こることを思えば、俺のズタボロのプライドなんて安いもんっす!」
女賢者「大丈夫。万が一この変態のおイタが過ぎて、あなたの身になにかあっても」
ポウ
女賢者「わたしがこの"癒しの手"で治してあげる」
ラスボス「儂のどこが負傷するの!?」
女賢者「…具体的には、あなたの(ピー)が変態の(ピー)で(ピー)されて(ピー)」
勇者「いやぁああぁぁん!そんな嬉しいことラスボスたんにできちゃうのぉぉおおおう!!?」ビクンビクンビクン
ラスボス「あああああ!!聞きたくないぃぃいいいい!」
女魔法使い「ほらぁ~、怯えてるじゃない勇者ぁ?ごめんねぇ~、不安だよねぇラスボスちゃぁん?」
ラスボス「!!そうじゃよ!儂こわい!!お願い助けて魔法使い!」
女魔法使い「せめてムードだけでもぉ、盛り上げてあげるからねぇ」パアァァァアアアア
ラスボス「だれか儂の意思を聞いてぇえええええ!」
男格闘家「グッドラック!」グッ
勇者「間接証明のようなロマンティックな明かり!!ふっかふかのお布団!!仲間の祝福!!いい!!!僕らの初めての夜にふさわしいねラスボスたぁあああああん!!」ガバァッ
ラスボス「いやあぁぁぁぁああああああ!!」