※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平凡攻×変人受

僕には変わった友人がいる。
彼は周囲の人が興味を持つことに一切関心を持たないで、周囲の人がどうでもいいと思っていることにのめりこんでいるんだ。

3年前には本と睨めっこしながら僕と自分のマフラーを編んでくれた。
ついでに手袋と耳あてと帽子も作ってくれた。
それは別にいいんだ。温かかったし嬉しかったし。
けれども彼はそれを全部犬で作ったんだ!
まあ、犬と言っても皮を剥いだわけじゃないんだけどね。
ブラッシングして溜まった犬の毛を集めていた彼はネットで偶然見つけた犬の毛でセーターを編んだ人を見てコレだ! と思ったらしい。
毛を洗って、梳いて、紡ぎ車をドイツから輸入し――この異様な熱意はなんなんだ!!――毛糸にしてから編んだらしい。
普通に買えばいいじゃん。
マフラーとか手袋とか耳あてとか帽子を合計した金額より紡ぎ車1台のほうが絶対高いよ?

2年前には絵本を読んで巨大カステラを作ろう! なんていきなり言い出すし。
そのためには大きなフライパンが必要だとか言い出してネットを隅々まで見て、一緒にいろんなスーパー巡らされて……結局見つからなかったけど。
次の日筋肉痛ヤバかったんだよ?
僕は君と違ってそう体力ないし……いや、君に劣ってるのは体力だけじゃないけどさ。
さすがの彼も諦めるだろうって僕は首をまわして足や腕の筋肉をもみながら思ってたんだ。
そしたら君巨大フライパンを手作りしようだって!? 狂ってるよ。
しかもそれを実現させるなんて……世界が狂ってるよ。おかしいよ。カステラおいしかったけど。
でもさ業務用スーパー使っても結構痛い出費だったよね。
僕等じゃ食べ切れなくてどうしようか途方にくれたよね。おかげで一週間朝昼晩たっぷりのカステラだったよ。

1年前には足つぼだよ。
彼の故郷に帰って、温泉浸かった後マッサージ受けて足の裏しかいじってないのに全身回復なんてすごい! とか言い始めたし。
本読んで独学で学んで僕の足の裏でよく試された。
その試し方が酷いもんで、僕が宿題やってようとゲームしてようと構わず足首つかんで逃げられないようにしたよね。
たしかに気持ちよかったけどもうちょっとTPO考えようよ。
止めろって言ったら拗ねるし、別にされるのが嫌だってわけじゃなくて時と場を考えろって言ってるの。
さすがに食事中にされたときは怒ったけどね。

で今年は僕とのキスに夢中。
どうして何度もそんなことしてくるのか理解できないし、僕にしてくるのに他の人にしようとしないのに理解できない。
しかも僕が他の友達にキスしようとするとすごく怒る。
あいさつするだけだよ? って言うと俺だけにしろ! って言ってくる。
わかったよって言ってキスすると赤くなって黙る。
彼は変人でシャイでやきもち焼きな僕の友人だ。
キスが恥ずかしいって感情は理解できないけどそれは文化の違いだから仕方ない。
僕は彼の編んだマフラーと手袋と耳あてと帽子を身につけてカステラケーキを片手に彼の家に向かう。
今日はクリスマスだ。