※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

潔癖症だった攻め

自分以外のものが不潔に思えて仕方のない時期があった。
例えば、ジュースの回し飲みなんてありえなかったし、ちょっとした物の貸し借りすら苦痛だった。
携帯用の除菌スプレーがお守り代わりだった。
潔癖症を隠したくて周囲から一歩退いていたら、「気難しい孤高の人」というレッテルを貼られていた。

お前と出会ったのは、その頃だ。
明るくて人懐っこくて、ぎこちない態度の俺にも屈託なく話しかけてきた。
お前は俺の対極にいて、俺の理想だった。うらやましかったし、憧れていた。

興味があると言っていたCDを貸した。「すげー良かった!」と笑顔で言われて、つられて笑った。
寒い冬の日、風邪気味だと言ったら巻いていたマフラーを渡された。ほんのり残った温もりが心地よかった。
お前の部屋で、二人で鍋をつついた。その日以降、誰かと同じ器から物を食べても平気になった。

除菌スプレーを持ち歩かなくなった頃、自分の欲を自覚した。
お前を俺だけのものにしたい、お前に触れたい、お前とつながりたい。
最初は信じられなかった。
今まで眠っていたそういう欲求が、一番身近なお前に向いただけじゃないかと思った。
自分の変な錯覚にお前を巻き込みたくないと思って、距離をおいた。
すごく身勝手な振る舞いだったと、今になって思う。
誘われるまま合コンに行って、女の子と知り合った。何度か二人で会って、そういう雰囲気になった。
でも違った。以前他人に感じていた、どうしようもない不潔感は消えていたが、ただただ「この子ではない」という違和感があった。
そこでようやく、俺は馬鹿な遠回りをしていたことに気付いた。彼女には、本当に申し訳ないことをした。

単純なことだ、順番が逆だったんだ。
潔癖症が治ったからお前を好きになったんじゃない、お前が好きでしょうがなかったから、潔癖症を乗り越えてしまったんだ。

本当はまだ、誰かと触れ合うと緊張する。だからうまくいかないかもしれない。それでも、俺は――



なおも言い募ろうとした彼の唇に、オレはそっと人差し指を押し当てた。
告白された時は、これ以上幸せなことはないだろうと思っていたのに、ヤバい、今、泣きそうだ。
訥々と語られたのは、彼の過去、彼の心、そして彼の変化の原因が他でもないオレという嘘みたいな事実。
「いいよ。おまえ相手なら、うまくいかないなんてありえねーもん」
言うなり、ガバリと抱き寄せられた。彼の鼓動が間近に聞こえる。
「ああ、本当に、お前はどこまで俺に甘いんだ」
耳元で囁かれて、思わず顔を上げる。目の前の瞳は、俺と同じくらい潤んでいて。

最初のキスは、二人分の涙の味がした。