※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポークビッツ×フランクフルト

いい大人が二人、正座をして膝をつき合わせて、腰にタオルを巻いただけの、ほぼ全裸で。
もう何十分、何時間経っただろうか。
が、しかし。ちらっと見た時計は、数分も進んじゃいなかった。
なにやってんだろうかと泣きたくなってくる。
えーい、ままよ、
「「あのっ」」
かぶった。
見事にかぶった!
なんでだよ、かぶるのはオレの×××だけでじゅうぶんだっつーの!!!!!!
アラサーのおっさん二人がアホ面付き合わせて何やってるんだっつーの!!!!!!
沈黙が痛いっ、痛いんだよバカ!
「あぁぁぁあの、おおぉおさきにどぉぞ」
盛大にどもってますね。オレよりイケメンなのに台無しっすよ。
「いやややいいいやいや、そそ、そちかららかららから、どうぞ」
かんだっ、かんだっ、もうどこを噛んだのか分からないくらい噛んだっ。
もうこのまま埋まってしまいたいっ。
「と、とりあえず、なにか、の、のみものでも、のみませんか」
「そ、そうですね。あ、おれいれますよ!」
動いてる方がまだマシってもんですよ。黙った座ってるよりずっといいってもんですよ。
ってことで、立ち上がろうとして、腰の、タオルの端を、手の、下敷きに、してしまったわけで。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちっさっ」

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
光の速さでタオルを直したけどおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

てめぇこのやろう、今ちっさって言っただろ、ちっさって。
聞こえてんだよ、咳払いしてごまかしてんじゃないよ、ごまかしきれてねぇんだよ、
っつーか何ちょっとうれしそうな顔になってんだよ、何ちょっとリラックスした感じになってんだよ、
優越感か、え、こら、優越感か。

なめんじゃねぇよ、こちとらこのポークビッツと約三十年一緒にやってきてんだ、
バカにされるいわれわねぇんだよ、

どんなご立派なウィンナーか見てやろうじゃねぇかこのヤロオオオオオオオオオ!


「お、お茶でいいですよね」
「はい、お願いします」

「どうぞ、と、あっ」
「うあ」

はっはー、どーだ、ざまぁみろ♪ ざまぁみろ♪
茶をタオルめがけてかけてやったわ!
これでタオルをとるしかあるまい!

「ああぁ、ごめんなさい」

御開帳だこのやろおおおおおお

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でかっ」

もう生きていけません。

――数年後

「そういえばウィンナー、今朝きれたんだっけ」
「ちょうど僕たちみたく仲良く並んでますよ」
「あんたほんと、言葉遣い丁寧なくせに下品なその口なんとかなりませんか」
「君のサイズと僕のサイズ、どっちにします?」
何を言っても無駄かと棒付きをむんずと掴んでかごに投げ入れる。
「僕のサイズがお好みですか~」
「もうホントあんたお願いだから黙ってろ!」