※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

騎士と僧侶

「おまえなんか俺がいなきゃとっくに棺桶のくせに!」
「それはこっちのセリフです。すぐぼこすかやられるくせに」

ふん、とお互いに顔をそむけてそのまま逆方向に歩きだした。
魔物の巣窟である森の中は暗い。

「剣しか能のない馬鹿め。だいたい相手の攻撃全部もろにうけてるくせに何様ですか。私が回復魔法かけないとあなたこそ棺桶じゃないですか。だからもっと攻撃を避けることをしろと言っただけなのに、文句たらたらうるさいんですよ。私は」

もっとあなたの身を大切にしてほしいだけなのに。
あなたが守るべきは、何よりあなたであってほしいのに。

「っ……!」
茂みから突然あらわれた魔物に肩をおおきな爪でひっかかれた。
強い魔力を感じる。それも3体。
はたして自分ひとりで勝てるだろうか。
汗ばんだ手で杖を握りしめる。
1体の魔物が猛然と襲いかかってきた。


「だから。おまえは俺がいなきゃダメだって言ったろ」

かばうように背中を向けて目の前に立ちはだかった男。
腕から血が流れるのが見えた。
守る背中が、痛くて、うれしい。

「……あなただって、私がいないとダメでしょう」
「もうそういうことにしといてやるから、とっとと片づけるぞ。頼むぜ、相棒」

それもこっちのセリフです。
どうか、頼みますからね。