※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺様とおぼっちゃま

深窓の、ときたら、普通その後に続くのは「麗しき御令嬢」であるべきだと
誰でも思うだろう。
幼い頃の俺ももちろんその例にもれず、ある夏俺は町外れの大きな屋敷へと
忍び込んだ。誰もが一度はやってみたくなる冒険ごっこだ。
獰猛な魔犬…という設定の、その屋敷で飼われていた愛らしいスピッツをおやつで
従えて、こっそり潜り込んだ、別荘地でも一番上等な家の、一番上等な窓の下。
そこにいるはずのお姫様は、あろうことか、生意気でこまっしゃくれた、
同じ年くらいの餓鬼んちょだった。
あんまり癪に障ったから、つまらなさそうに本を読むそいつを無理やり外に
連れ出して、それから毎日のように、日が暮れるまで野山を引きずりまわしてやった。
そうして遊んだ懐かしい夏休み。

今じゃどこでどうしているんだか、もう会うこともないだろうと思っていた。

そして立派な一社会人になった俺は今、久しぶりに地元の別荘地を訪れている。
時代の流れに沿うように、ここでも古きは取り壊され、どんどん新しい屋敷が
建つ一方だ。
俺が昔忍び込んだあの家も、もうとっくになくなって、妙にこじんまりした
ログハウス仕立ての別荘が建てられていた。
それはどこか昔落書きをした「俺たちが考えたさいこうの秘密基地」の
イメージによく似ているような気がした。
俺らしくもない干渉に浸りながらその別荘の前を通り過ぎたとき、俺は
ふと足を止めた。
白いスピッツが吠えている。窓の向こうから「どうも」と声がかかる。
見覚えのある目つき。
返事ができずにいる俺に、そいつは生意気にも「…また、僕のことを
連れ出しに来たんですか?」と言って笑った。
だから俺もつい笑ってこう言い返す。
「当たり前だ、バカ。早くこっちに来やがれ」