※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妖怪と天使

「驚いたな。本物を見たのは初めてだ」
頭上から淡々と降ってきた声に、〈男〉は地に伏したまま憮然として顔をあげた。
黄金の髪が絹糸のように流れ落ちる。
「お前は誰だ」
「さて」
食いしばった唇から漏れた問いは、飄々とした口調でいなされてしまう。
憤りに任せて身じろぎをしようとすると、途端に四肢を虚脱感が襲った。
纏わりつくように鬱蒼とした草の感触。
――動けない。
じわり、と焦燥が広がる。
一段と緑の匂いが濃くなったような気がした。
この〈場所〉はおかしい。
否、場所だけではない。
「……お前は〈何〉だ? 私に何をした」
「何もしてないだろう? これからのことは知らないが」
〈それ〉はおかしげに肩をすくめてみせる。
闇色に揺れる髪。だが印象はそれだけだ。
年の頃、体格、顔立ち、その人物を表す特徴を捉えようとすると、それらはひどく不鮮明になった。
そのくせ、その得体のしれない存在感は、まるでその場所と一体化して男の体の自由を奪っているようだ。
「お前が動けないのは、俺のことを〈畏れ〉ているからだ。人の感情の中に産声を上げ、山の暗闇の中で育つ、曖昧で不純なものに」
男の思考を読んでいるかのように、それは言葉を続けた。
いや実際に読んでいるのか。
「何を……」
「この場所に加護はない。光は照らさない。世界中のありとあらゆる場所に届くお前の主の力は」
「我が主は、世界のすべてをお創りになった……!」
「では祈れ」
「く……っ」
不意にその口調が変わった。纏わりつく空気が重くなる。
力の入らない四肢が、体中が、強い力で地面に縫いとめられてぎしぎしと悲鳴を上げた。
強引に顎を掴まれる。
いつの間に近づいたのか、恐ろしいほど端正な顔が間近にあった。
だが、ようやく認識したそれの容貌を観察する余裕は男にはなかった。
「なあ」
「……ッ」
ちらりと開いた口の中で、赤い舌がいやに艶めかしく動いた。
「天使っていうのは〈穢れ〉たらどうなるんだ?」