※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お幸せに

「大丈夫だと言われたんだがね、それが全然大丈夫じゃなくてね」
「はあ…それで先生はどうしたんですか」
「どうしたと言われても…我慢したとしか…」
「…お気の毒に」
「全然気持ちよくなんかなかったよ、下手くそで」
「それは、その、ごめんなさいと言うべきでしょうか」
「謝罪の気持ちがあったら君は治療に専念したまえ」
「はあ…でも僕の病気が治っちゃったら教授が困りませんか」
「…君も言うようになったな。そもそも君の病気…まあつまり多重人格だが、それはそもそも
君の抑圧された感情によって起こっているわけで…その兆候が薄まりつつある今、確実に回復に向かっているわけだ」
「ですから、そうしたら教授が」
「困るものか、あんな男、私は別に好きじゃあない」
「でも…したんでしょう、あいつと」
「…それは」
「でもちょっと矛盾してますよね、俺たち。あなたは違う人格の俺が好きで、
でもあなたは医者で、あなたと会ってばかりいたら、あなたの好きな俺は消えちゃうわけで」
「……」
「俺がいる限りあなたがたは幸せになれないってことなんですよね」
「違う、それは違うぞ」
「そうなんですよ、結局。俺がいるから…それに」
「…それに?」
「俺はあなたのことが好きです」
「…」
「昨日あなたと寝たのが俺だって言ったら、どうしますか?」
「君は…何か勘違いをしている」
「先生こそ勘違いをしてます。俺の病気はとっくに治ってるんです」
「君だって」
「先生?」
「君だって勘違いをしている、医者をなめるんじゃない。君の病気が治ってることなんて、とっくに気付いている」
「……は」
「私は君のことが好きだ」