※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戻らない

高校時代の友人たちと、良い歳こいて祭りに来ている。

そしたら上野が、これまた良い歳こいて迷子になりやがったので、友人たちから花火までに見つけてこいとの指令を拝命した。
迷子て。子って歳じゃねぇぞ。

上野はマイペースな奴だ。いつもフラフラどっか行くあいつを、探してくるのもいつも俺で。
久々に地元に帰ってきたと思ったらすぐこれだ、と少し笑う。

案の定、上野は祭りをしている神社の真裏の、倒壊しかけた古い石段の途中に座っていた。昔からここが好きだな。

「上野、皆が待ってるぞ。ここからじゃ花火見えないだろ。戻ろうぜ」と、俺が後ろから話しかけると「やっぱりおれを探しにくるのはお前だな、金澤。おれは戻らないよ。いいじゃないか花火なんて。座れよ」
そう言って、隣に座るように促す。

「まあな。花火で喜ぶほど若くない」そういいながら隣に座る。
「お前はすぐ自分をおっさんだのもう若くないだの言うな。高校時代からそう変わってないくせに」上野は俺の方を見ずに言う。
そして、「それとも、高校時代のようなおれたちに、戻りたくないからか?」とも。

上野は俺を見ない。俺の顔を、俺の目を、見ない。
高校時代、俺たちは友人以上の、異常な関係を。俺は、逃げるように東京に就職を決めた。上野には言わずに。それ以来の再会だ。言われるのはわかっていた。

「…俺は、戻らないよ。もう行こう。あいつら待ってるぞ」
俺は立ち上がる。
「おれはあいつらの所に戻らないよ。…いくらお前が戻りたくなくても、それでもおれはお前の事を」

肝心の言葉は、花火の音で聞こえなかった。