※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鬱な夏休み

ともだちに会えないから夏休みは嫌い。
高校生になってまでそんな思いをするなんて。

「なあ、お前いつ戻ってくんの?」

夏休みの間、寮から実家へ帰省するルームメイトにそう声をかけた。
荷造り真っ最中。でっかいボストンバックがみるみるうちに膨れ上がる。

「そりゃギリギリまであっちにいるっしょ」
「デスヨネー」
「なに、俺に会えなくて寂しい?」
「うっぜ。マジうっぜ。早く帰ってくるならそれだけ課題写す余裕ができるだろ」
「馬鹿かオメー、絶対写させねえからな!」

げらげら笑いながら悪態を付き合う、こんな他愛もないやり取りも、1カ月半はお預け。
会いに行くには近すぎる。遊びに行くには遠すぎる。そんな距離。

「でもさー、俺は寂しいよ」
「――は?」
「地元帰っても超アウェイだからなー、去年帰って身に沁みたわ。
 あっちはあっちでコミュできてるから入りにくいの。
 居心地微妙に悪いし、何より、お前がいねーとつまんね」

一瞬絶句する。顔が赤くなるのを気合いで抑え込んだ。首から下が熱い。
なんなんだこいつ、馬鹿か。馬鹿か。

「ちょ、引くなよ」
「……や、引いてないけど、何それ俺ってば愛されてるう」

精一杯茶化してみたのに、何この沈黙。黙るなよ!
目が合っているのに感情が読めない。見たこともないくらい真面目な顔だった。

「俺は、お前に会えないの、寂しいよ」

もう一度、ぽつんと小さく繰り返して、荷づくりに戻った横顔を見つめながら
なんだかこれ以上は踏み込めない気がして、黙ってしまった。
“俺だって寂しい” 、とは言えないまま。


長い、夏休みが始まる。