※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

引退試合

 事実上、引退試合というやつなのだ。
「卓球なんて、なにも夏に試合組まなくてもな」
「それも郡大会は冷房無しとかマジ狂気っす」
 自転車を押しながら帰る夕暮れの道は、これが最後かもしれない。
 勝ち上がれば県大会にも行けるが、うちの学校の実力的には奇跡が起こらなくちゃ無理。
 ましてや啓祐先輩なら、なおさらだ。
「明日、せめて曇るといいのに」
 俺が言うと、先輩は嫌な顔をした。
「ずーっと一週間晴れが続くって言ってたぞ。明日は三十六度の予報だって」
「そーっすか」
 自転車のハンドルが無駄に重い。
 だいたい、俺は自転車通学なのに先輩は歩き組で、そもそも一緒に帰るのが不自然なのだ。
 不自然だが、俺が一年の時からなんとなくこうやって、今ではひとりで自転車で帰る方がおかしい。
(……それも先輩が引退するまでか)
 つまり、やっぱり今日で最後なのだ。
 こんな田舎のコンビニもないような道、ひとりなら自転車でぶっ飛ばすだけのただの道だ。

「負けたくないなー」
 先輩が言うので、腹がたった。
「勝てばいいじゃないですか」
「勉強したくないなー」
 心の底からしたくなさそうだった。
「だから勝ちたいのかよ! どっちにしろ受験生でしょ」
 三年なんだから、卓球は終わり。さすがの俺も言えなかった。
 ジリジリと片頬だけを夕日に焼きながら、黙って歩く。
 先輩が言った。
「なんか俺、もう、死ぬみたいな気がする」
「はぁ!?」
「今日ってさ、明日の試合しかないんだよ、その先とか考えられないんだ。
 それって、明日一度死ぬのと同じな気がする」
「死ぬ気でやりゃひょっとしたら勝ちますよ」
「最後の試合って感じよりももっと切実っていうか……お前も来年になったらわかるよ、たぶん。
 いや、お前は県大会まで行くかな? ……まあ、それでも終わりは必ず来るわけだし」
 ため息をひとつつくと、祐輔先輩は立ち止まった。
「じゃあさ、約束してやる。明日は絶対に一勝はする」
「絶対とか言って一勝っすか」
「実力相応ね……まあ、一勝だけはとにかくする。そしたら明後日お前に告白する」
「へ!?」
「お前の卓球が好きで、気づいたら好きだった。でも続きは明後日。今日は忘れろよ」
 顔を見れば、日焼けよりも夕日よりも赤黒く、暑いだけでもなさそうな汗をボタボタ落として──泣きそうな顔でにらみつけられてた。
「これで俺、明後日までは生きられそう」
 言うだけ言って部のかばんを揺らしながら全力疾走し始めた。
 わけがわからない。っていうか何で俺?
 ……馬鹿だな、先輩、俺自転車なんだけど……これって追いついてもいいんだろうか。