※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

餃子×焼売×春巻

「うっわーなんだよ!なんで焼売なんて持って来んの?」
「そこまで言わなくたっていいだろう!美味しいだろ、焼売。
 それに君の大好きな餃子と似たようなものじゃないか」
「どーこーがー?焼売なんかと一緒にすんなよ!なんだアレ。
 プニっとしてて仄かに甘くっておまけに上に変なん乗っててさあ」
「君がグリンピース嫌いなだけだろ!」
「とーにーかーく!焼売持ってくるとかおかしいだろ!今日餃子パーティーだぞ!
 餃子以外の点心とか要らないの!餃子がメインなの!」
「中華系で統一したほうがいいと思ったんだよ!
 それに、他にも色々買ってきたんだしもういいだろ」
「えー、マジないわー。シュウに買い出し頼むんじゃなかった」
「なんだと?」
「あー?」
「こらこら。コウちゃんシュウちゃんも喧嘩しないの。台所まで聞こえてきたよ」
「…ハルちゃん!」
「違うんだよハルぅ、シュウの奴がね」
「僕のせいにするのか?先に突っ掛かってきたのは君だろ!」
「ハイハイ二人とも落ち着いて」
「…む」
「……へっ」
「あ、シュウちゃん買い出しありがとね。お酒冷蔵庫入れといたから要る人言って
 あと、餃子今包み終わったから持ってくるね。ホットプレート温めといて」
「はぁい」

「ありがとうハルちゃん。今包み終わったって、相当な量の餃子作ってくれたんだね
 …今、包み終わった?っおいコウ、君、手伝ってないのか?」
「だって俺がやっても綺麗に出来ないんだもん」
「……自分は何もせずゴロゴロ待ってただけなのに、よく僕にあんなに言えたなぁ!」
「はあ?俺だってホットプレート箱から出したりしたもん」
「そんなことで…というか君が言い出したんだろ餃子パーティーしたいって!」
「……全くもう…二人ってさ、昔っから仲良いよね」
「「良くないよ!ハル」ちゃん」
「まあまあ、良いから食べよ」
「うわ、凄い量だね。これ一人でやってくれたんでしょ。ありがとう」
「あれー、でもこれで全部?肉とかもっとあったじゃん」
「ああ、皮足りなくなっちゃってね。残った材料で春巻も作ったんだ!
じゃあシュウちゃん餃子焼いといて。僕春巻揚げてくるから」
「う、うん」
「…は、春巻?春巻もあんの?」
「コウちゃん、好き嫌いダメだよ。春巻の筍も、焼売も、ちゃんと食べようね。
 あ、グリンピースよけちゃだめだよ」
「……はぁい」
「大学生にもなって好き嫌いなんて」
「なんだよシュウ!お前だってピーマン食えなかったろ」
「っそれは、幼稚園の頃の話じゃないか!」

「……はぁ、やれやれ」