※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

太平洋のイケメン

「おおっ」

担任の先生が名の読み上げを止め、名簿を見たまま声を上げた。
「お前達3人、頭文字とると太・平・洋になるな!がはは!」
静かだった教室が、少しだけ笑いに包まれる。
新学期でまだお互いの名前を知らない者が多い中。
どうしたって遠慮がちになるのは仕方ない。
そして僕も周りに合わせて微妙に笑いつつも、
担任の言った事実に少なからず驚いていた。

すると僕の二つ前に座る男が、急に後ろを向いた。
僕が洋野だから、彼が太のつく名字なんだろう。
彼は間の男を見て、そして僕を見て。
僕と目があうとなぜかニコーッと笑った。
人懐こそうな、満面の笑みだった。

それが最初。
いつも僕達3人はひとまとまりにされる事が多いから、自然と3人つるむようになり仲良くなるまで時間はかからなかった。

「なぁチョコいくつもらった?俺はな、25個!」
太田が言った。
「……18個」
平沢が眼鏡のズレを直しながら言った。
「あ、えっと僕は…21個…」
僕も後に次いで報告する。
それを聞いて太田はヨッシャ!とガッツポーズをとった。
「俺が一番だぜ!
平沢よぉ、おまえはもっと女子と喋れ!交流を持て!」
「…興味ない」
平沢はそう一蹴して、持っていた参考書に目を落とす。
やれやれとポーズを取りながら大げさにため息をついた太田が、今度は意気揚々と僕の肩を強く抱いた。
「俺らはそこそこ女子と話すもんな!来年も負けねぇようにしような洋野?」
太田の人懐こい笑顔が近い。
勢いにおされてつい頷く。

「…くだらん」
参考書から目を離さずにぼそりと呟く平沢。

「くだらんとは何だお前。勉強ばっかりしやがってお前」

また睨み合ってる二人に苦笑する。

乱暴でがさつだけど、大柄で運動センス良くて優しい一面もある太田。
寡黙で落ち着いていて、常に成績トップのインテリ系な平沢。
そして何でも平均な僕、洋野。
イケメン二人が女子にきゃあきゃあ言われるのはよくわかるけど、なんで僕ももてはやされてるんだろう。
女子って不思議だ。