※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コドモっぽい大人×オトナな子供

ぴーんぽーん。
「こんにちはー。」
どんどん。どんどん。
「こんにちはー。千崎さーん。」
がちゃ
「・・・ふぁい。」
「また寝てたんですか。」
「・・・すいません。」
「寝癖ついてますよ。」
「あ、え、どこに。」
「ここです。」
わしゃ
「・・・どうも。」
「入っていいですか。」
「え、あ、すいません。どうぞ・・・。」
「相変わらずのお部屋ですね。」
「どうも。」
「褒めてません。ごみ出しくらいしてください。」
がさ
「甘いものばかりは太りますよ。」
「すいません。」
「しっかりしてくださいよ。じゃ今から作りますんで。」
「・・・どうも。」
じゃっ
とんとんとんとん
じゅうぅぅぅぅ
かちゃ、とん
「どうぞ。」
「いただきます。」
ふうっ、はふ
「おいしい!」
「何日ぶりの野菜ですか。」
「三日、あ、四日です。」
「そうですか。もっときちんと食事をしてください。」
「はい。」
ふうっ、はふ
はふ、はふ
「ずいぶんおいしそうに召し上がりますね。」
「そりゃおいしいですから。ごちそう様でした。」
「お粗末様です。」
「いやそんな。」
じゃあぁぁ
かちゃ、かちゃ
「・・・いまだに信じられないですよ。」
「またその話ですか。僕もです。」
「ですよねえ。俺が町田さんより年上だなんて。」
「十も、ね。」
きゅっ
かちゃ
「よし、と。じゃあそろそろ。」
「そうですか。ありがとうございました。」
「原稿は。」
「あ、いつものとこです。」
「靴箱の上ですね。ああ、ごみも持っていっちゃいましょうか。」
「すいません。」
「いえいえ。じゃあまた来週、同じ時間に。」
「はい。」
がちゃ、ばたん
「・・・。」
がさがさ
びっ
ばりばり
がつがつがつがつ
「・・・。」
言えるわけがない。
本当は料理が好きだったなんて。
甘い菓子は、ごみを出そうと腐心して食べているなんて。
ごみが無くなってきちんとした家になってしまったら
君は来なくなるかもしれない。
不規則な生活も、大量のごみも、空っぽの冷蔵庫も
すべては君の来る日のためだなんて。