※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女の子にモテまくってるけど隠れゲイな攻め


「おー、おあよー佐藤に琴ヶ峰さーん。今日も夫婦揃ってご登校か、仲いいねえ」
「はよー田中」
「田中! 夫婦じゃないってば! 私はこいつが家がとなりだから仕方なくー!」
「夫婦じゃねーけど、こいつ、前に田中と先に学校行ったとき、めっちゃ機嫌悪くなって大変だったから」
「あーもうヤメテー佐藤夫妻の夫婦喧嘩に俺を巻き込まないでー」

「はー教室着いた。琴ヶ峰さん、佐藤のことになるとガチ切れすっからこええわー」
「あいつ、ムキになりやすいんだよ昔から。あ、そういやこの間田中が言ってたゲーム、クリアしたから貸すぞ」
「お、マジでマジで、さっすが佐藤さまステキー」
「ちょっと!!! 2-E佐藤!!! いる!!!?」
「びびった。なにあれ、3年の都大路さんじゃん。佐藤知り合い?」
「……? いや、あんな金髪縦ロールの知り合いは……あ、そうか昨日ゲーセンで」
「ってうわ佐藤、都大路さんが般若のごとき顔でこっちに」
「2-E佐藤……昨日のこと、誰かに言ったら殺すわよ!社会的に抹殺するから!!!」

「…佐藤、何やったのお前」
「いや、なんかあの人UFOキャッチャーにえっらい大金つぎ込んでたからとってあげて」
「イケメンか」
「必要経費の五倍で売ってあげた」
「鬼か」
「あ、あれ、あの携帯についてるアニメのキャラ」
「おお…あの都大路さんが慈しむような表情で…」
「よっぽどあのキャラ好きなんかなあ。隠れオタって奴だろうな」

「腹減ったー。佐藤ーメシ食おうぜー」
「田中。弁当忘れた。分けて」
「えー? しゃーねえな、いいけど今日の弁当、自分で適当に詰めた奴だから美味くねえぞ」
「……………さとうせんぱい」
「あ、このあいだ家庭科室にいた人」
「お、一年の露野沢さんじゃん」
「田中なんで知ってんの」
「なめんな、可愛い女子は大体覚えている」
「………あの、このあいだの、おれいに、おべんと…つくったので。よかったら」
「え。あ、あー…ありがとう、…ございます」

「佐藤、何したのこの間」
「………なんか、調理部に遊びに行ったんだけど。あの人あまりに下手なので見かねてちょっと手伝った」
「下手なの」
「壊滅的だった」
「そうか………骨は拾ってやるからがんばれよ、手作りおべんと」

「今日も一日怒涛だったなあ佐藤…お前だけ」
「そうかなあ。普通だったよ、いいこともなく悪いこともなく」
「……佐藤ってなんでそんな女子に絡まれんの。羨ましすぎるんだけど」
「そうか? 羨ましがられること何もないぞ」
「うわむかつく。好きな子とかいねえの」
「いるよ」
「まじでか」
「朝一緒に学校に行こうとしたり、その子の趣味に合わせたゲームしたり、手作り弁当食わせてもらおうとしたり、
 いろいろ頑張ってんだけど、どうもいまいち報われない」
「なにそれ、誰のこと。お前それ、今日だけで全部達成してなかった?」
「してないよ。田中多分違う人連想してんだよ」
「……? 佐藤って、たまに何考えてるかわかんねえな」
「そうかな。田中的にはもっと分かりやすいほうが好きか」
「そっちのほうが楽かもねー」
「わかった。んじゃもうちょい直球にする」
「ん?」



「え?」