※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いくら俺が鈍くても気づく

好きだと言われるまで、貴方が俺のことを好いているなんて思いもしなかった。
驚きのあまり固まってしまった俺を見て、貴方は言った。
「あんだけモーションかけてたのに気づかないとは、お前は鈍いなぁ」
そう笑いながら抱き締められた貴方の腕のなかで、
俺はようやく自分の中に恋心が芽生えているのを知った。

酷い夕立にあい、駅で立ち往生していると、
のっそりと此方へやってくる貴方の姿が見えた。
そんな筈はないと訝しげに顔を歪めた俺を見て、貴方は言った。
「居るはずがないって思っただろう?
俺がどれだけお前のこと考えているのか気づかないとは、お前は鈍いなぁ」
そう笑いながら俺を傘の中に迎え入れた貴方の体温を感じて、
俺はようやく貴方に思われることの喜びを知った。

熱にうなされ、苦しさのあまり寝るに寝れない状態に陥っていた。
ふと物音が聞こえたので目を開けてみたら、
貴方が心配そうに俺の様子を確認していた。
幻ではないかと不安げな表情を浮かべた俺を見て、貴方は言った。
「来るはずが無いと思っていただろう?
俺がどれだけお前を大事に思っているのか気づかないとは、お前は鈍いなぁ」
そう笑いながら優しく俺の髪をすく貴方を見て、
俺はようやく貴方を深く愛していることを知った。

眠りについた貴方は、毎回と言っていいほど俺とは違う名前を呼んでは、
悲しいくらいに優しく抱き締めてくる。
無意識が産み出す彼の姿は、
普段の柔らかな雰囲気とは異なる、悲壮で必死な様子で。

「いくら鈍い俺でも気がつきますよ」

そして俺は、貴方が一番大事に想っている人を、
そしてそれが俺ではないことを知ってしまった。