※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

非の打ち所のない人間×底辺であがく男

「頼む!雇ってくれ…!」

目の前で土下座をしているのは、かつて僕を苛めていた元同級生だ。お洒落かどうか分からない派手だった服は、今やボロボロの布を纏うだけ。髪の質は傷みに傷みまくり、手も傷だらけで荒れまくっている。
…何だっけ。澄ました顔がムカつくだっけか。教師に媚び売ってる優等生ちゃんとも言われたか。女はべらかすな…あ、これは別の人に言われたのか。

「…なあ、同級生のよしみじゃねえか。昔は水に流そうぜ、な」

黙っている様子に、怒っているのかと思ったようだ。だが、僕は怒っていない。いや、寧ろいい機会だった。
父親の後を継ぐ為にはエグいことをされるだろうし、するであろう、そういう未来を確信していたから。まさに客観的に辛い苛めという機会は、いい機会だったのだ。

「……お前、何も変わってねえな」
「はい?」
「あー…感情無いロボットみたいな顔でさ。社長様なら、嫌がるだろ。やな目に合わせた男が、こんなナリできたらよ」

変わってないのは貴方のほう。思ったことを口にしてばかり。時と場合を考えやしない。だからこそ本能のまま。問題児のまま。不適合者のままで、足掻くばかり。

「…簡単な雑務ならば、任せましょうか?」
「ちょ、マジかよ!サンキューな!」

答えれば、想像と同じ反応。秘書には恐らく怒られるだろう。優しい社長とは、仕事ができなければ即刻クビになるのだ、と。…それで仕事をミス無くこなすから社長には腹が立つと。
仕方あるまい。それが僕だ。



「ちょーカンペキなお前のことはつまらねえ」「だから、オレがお前におもしれえこと教えてやるよ!」「わらわせてやる!」



「覚えてるはずない、か」

僕が何故、偏差値の低い高校をわざわざ選んだのか。僕が何故、父親を引き摺り下ろしてまで社長の椅子に拘ったのか。
僕自身の「非」を知る者は、僕自身だけだ。