※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モブキャラ×当て馬

「こんにちは」
「誰だっけ、あんた。……ってああ、思い出した。ごめんごめん」
「慣れてます。俺、誰だっけってよく言われますから」
「だからごめんって」
「名前、あるんですけどね。呼ばれないから。あなたが羨ましいです、名乗り呼ばれる名前があって」
「そうかあ?登場しただけで邪魔者扱いで嫌われ者なんて、うんざりするけどな」
「俺はそういう感情すら向けられませんから。あなたが羨ましい」
「僕からしたら、あんたの方が羨ましいよ」
「なぜ」
「そういう感情を向けられないから。憎まれるとか目の敵にされるとか拒絶されるのってしんどいよ?
 片方は、一応でも好きになった相手なんだからさ。振られるとわかってても」
「あなたはそれでも、あの人を好きなのをやめなかった」
「そりゃあね。僕は最初からアイツに振られるために、アイツとあの野郎の絆を深めるために、
 アイツを好きになって手に入れようとして足掻いて失敗する、そういう立場だったってわけだから」
「それでもやっぱり、俺にはあなたが眩しいです」
「えー。まだ言うか」
「全てわかっていても誰かを想い続けられた、感情を出し続けていられた、あなたは強く美しい。だから眩しい」
「……。あんた、何言っちゃってんの?」
「俺、心は殆どありません。顔も無いも同然です。名前もあるけど呼ばれない。でも、あなたの名前は呼べます」
「それが何」
「いまとても傷ついてるあなたを慰めることくらいは、出来ます」
「…………」
「物語の、ほんの隙間でくらいなら」
「……ふーん。隙間、ね。だったら名前教えてよ。あるんだろ? このままじゃフェアじゃないと思うけど」
「そうですか」
「そうだよ」
「わかりました。あなたには名乗ります。俺の名前は、」