※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

墓まで持ってくつもりでしたが

お前に話しておきたいことがある。
今しか言えない事だから、そんな嫌そうな顔すんなよ。

お前はただの友達だと思ってただろうけど、お前が俺に気付くずっと前から俺はお前の事が好きだった。
初めてお前と話をした時、緊張でうまく息が出来なかった。
お前が初めて俺を名前で呼んでくれたとき、その日は嬉しくて眠れなかった。
友達になれた日はこのまま死んでもいいと思ったし、
初めて手を繋いだ時も、それから好きだって言ってくれた瞬間は…っうわっ!!ちょ、やめろ!こっちは病人だぞ!

…うん。何が言いたいかって言うと、お前が思ってる以上に俺はお前が好きなんだ。
お前の隠し撮り写真も持ってるし、食べ終わったアイスの棒も…っだから殴りかかるな!
告白したら、絶対お前嫌がるから、俺だってこの溢れんばかりの愛は、墓まで隠して持っていくつもりだったんだよ。

「何で今、そんな事言うのか」…って?
だって後悔してるんだ。
こんな事になるんなら、全力でお前に愛を伝えておくんだった。
俺が死んだら、お前には俺以外の誰か、恋人と幸せになって欲しい。
でも、世界で一番お前を愛してるのは俺だって、お前を一番幸せに出来る俺はもうお前の傍に居ないって、覚えてて欲しいから。



「…っぐすっ だから…死ぬ前に告白したくて…俺がどれだけお前を好きなのか…思い知って欲しくて…っ!」
「うるせえ黙れ鼻をかめ」
「お…俺が死ぬかも知れないのに冷たいぞ!」
「病室で騒ぐんじゃねえストーカー。ただの食中毒で死ぬかよ」
「だって固形物が喉を通らなくて昨日から点滴オンリーなんだぞ!」
「そんだけ元気なら直ぐに飯食えるようになるわ」
「冷たい…」
「うるせえ、こっちは好きな相手が死ぬかもしれないと言われて、パニくって病院に駆け込んだらただの食中毒で、
 実は10年以上前からストーカーでしたとカミングアウトされて両思いで戸惑ってんだよ」
「泣きながら、好きだ!死ぬなーって言ってくれたあの顔だけで、一ヶ月はおかずに困らない」
「うっせえ死ね」
「もう一回好きって言ってくれ」
「墓まで持っていくから嫌だ。




…墓の中でなら、もう一回言ってやるよ」