※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何考えてるのか分からない受け

《日本人は何を考えているのかわからない》
というのは、外国人にとって共通認識としてあるらしい。
わからないでもない。
日本には、はっきりと言葉にしないでも空気読めよ的な文化があるから。

俺が今いる大学の寮には様々な国から来た留学生がいる。
英語圏の人間は、世界中どこでも言葉が通じると思ってる。
日本に留学しに来てるなら、もう少し日本語の勉強して来い。
《日本人はミステリアスだ》と言って、
自分の勉強不足をこっちのせいにするなとは思う。

特に俺と同じ部屋で生活している金髪の男には声を大にして言いたい。

《コージは日本人だから仕方がないけど、たまには愛の言葉も言っていいんだよ》
じゃねーよ。
百歩譲って愛の言葉を言うにしてもお前にじゃないから。
お前には言ってるから。俺はお前が本気で嫌いだって言ってるから。
誰だよ。「いやよ、いやよも好きのうちなんだ」とか言って、
こいつに間違った日本語の意味を教えたのは。
言葉が余計通じなくなったじゃねーか。
《日本人は無表情で何を考えてるか読み取れない》
とか言って抱きつくんじゃねーよ。
俺の眉間のしわが見えないのかよ。スキンシップなんかいらないから。
《日本人はシャイだ》みたいに自分に都合よくとるな。
俺が怒れば怒ったで
《君が怒る理由がわからない。一体僕が何をしたっていうんだ?》
とか言うな。俺の勉強の邪魔はするわ、俺に近づいた女は蹴散らすわ、
やりたい放題じゃねーか。
大学の寮っていうのはなあ、勉強するところなんだよ。
昔の日本と違って、今は就職サバイバルなんだよ。
俺は同室のお前にこれ以上振り回されたくないんだよ。
そう訴えると
《もう一度ゆっくり言ってくれる?》
と返されたので、説明する気力が失せた。
俺にはお前が何を考えているのかさっぱりわからない、と口にしたら
《英語の勉強ならベッドで習うのが一番上達するよ、カモンコージ》
とベッドから俺を手招きするので、俺は思い切り頭を叩いてそいつを部屋から追い出した。