※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マスコット

ぼくはチームの顔なので、いつも笑っているのです。
勝てば全身で喜んで飛び跳ねます。嬉しくて嬉しくて仕方ないのでバク宙もやっちゃいます。
それを見たお客さんが喜んでくれると、ぼくはもっともっと嬉しくなります。
選手のみなさんが「お前はいつも明るくていいな」とほめてくれると、ぼくはその日うちょうてんです。
あれ?うちょうてんで良かったかな。とにかく、大はしゃぎです。
でもはしゃぎすぎてると、カントクに怒られます。ごめんなさい。
練習のじゃまにならないように、ぼくはそっと控え室へ帰ります。

負ければ全身でがっくりします。悔しいし悲しいけれど、勝負の世界はひじょうなのです。
でもぼくはチームの顔なので、どんなにがっくりしても顔だけは笑っています。
目をこすっても指が涙で濡れることはありません。だってぼくは涙が流せないのです。
心の中では本当に泣いているけど、心の中は見せることができません。
涙が流せないなんて、ぼくは実はとても薄情なやつなのではと悩んでいました。

ある負けた試合の日。ぼくはやっぱりがっくりして、通路の隅でしゃがんでいました。
そこへカントクがやってきました。

また怒られる!と思って、ぼくが立ち上がろうとすると、
カントクがぼくの頭を(本当は帽子をかぶってるので帽子を)優しくぽんぽん叩きました。
「そんなに落ち込むな。明日は必ず勝ってやる。だから泣き止め」って。
そのときのぼくはびっくりして、心の涙が本当に止まってしまいました。
カントクはエスパーなのか、それともレーカンがあるに違いありません。
ぼく自身にも見えない涙が見えているのですから。あれ?レーカン?ぼくゆーれい?

びっくりのまま顔をあげると、カントクはいつものしぶい顔よりもっとしぶい顔をしてました。
笑おうとして失敗した顔に見えました。この顔、きっと子供のお客さんが見たら怖くて泣きます。
でも僕は子供じゃないので、怖くありませんでした。
「なんだその顔は。どうせ、らしくないとか思ってるんだろ」
ぼくの顔を見てカントクが言います。
すごい。カントクすごい。ぼくの顔はずっと変わらないのになんでわかる。
それからはよく覚えてないけど、ぼくはそのときぶんぶんと何度も首を振った気がします。
(なんでそこは覚えてるかというと、それから三日間くらい首がずっと痛かったからです)

カントクはぼくを見てふっと笑って、ぼくの肩を拳でぐいと押しました。
「そうそう。お前はそうやっていつも元気に笑ってろ。そしたら俺たちも元気が出る」
この上ないお言葉でした。ぼくはさらになんども頷きました。首がぐきっとなりました。

ぼくはチームの顔なので、いつも笑っているのです。いつもいつも笑っています。
でも心から笑っていられるのは、皆が大好きだからです。
カントクのことはそれよりもっともっと大好きですけど、それは内緒です。
だってチームの顔ですから。