※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インテリ×インテリ

 高畑は試薬の調合中なので逃げられない。いかにもうんざりといった顔で肩をすくめてみせた。
「君は変わり者だな」
 お前に言われたくない、と俺は思う。
「どうしてそういう結論に至ったのか、過程を聞こうか」
 その固い言い方に吹き出しそうになる。おそらくこいつは他の言語を知らない。
 実験の毎日、読むのは論文ばかり、真理の探究に捧げる人生。
 こいつにわかる言葉で、俺は相手をしてやる。
「検証するつもりか? 瑕疵を見つけたい?」
「錯誤があるだろう、まず前提条件がおかしい」
「前提条件はポテンシャルの範囲内です」
「……この場合、対象における適合事例ではない」
「そこは実験してみないとわからなかった、そうだろ?」
 高畑の苦い顔に、俺は思わず笑い出す。
「結果はなかなか良い成績だったと思ったけど」
「それは客観的な考察じゃない!」
 高畑は真っ赤になって、机をばんばん叩く。
 いつの間にかピペットは転がり、スターラーばかりがカラカラと鳴る。

「実を言えば最初に結論ありき、だったと言ったら?」
「仮説に誘導された考察は往々にして誤りだ」
「そうかな」
 赤くなった耳を撫でると、産毛がさっと逆立つ。
「仮説に応じたメソッドを組み立ててこその試験だろ……不適当だった?」
 首筋に手をまわしてうなじをつかむと、背筋がびくんと伸びて固まる。
「追試験もいっぱいしたでしょ」
 顔を近づけるとぎゅっと目をつぶって。
 ほら、何度も繰り返した手順にいつも同じ敏感な反応をみせる彼は、再現性の高い優秀なマテリアルだ。
「……君はあれを試験と呼ぶのか、実験なのか」
「不満なのかな、試験じゃなきゃ、実証でもいいよ」
「いやな奴だ」
 唇をはむと息を止めるのも。
 舌を差し出すと歯を閉じるのも。
「もうお互い、同じ結論に辿り着いたと思うけど」
 時間の経過とともに軟化する知見を既に得てるから。
「異論……ありだ」
 苦しそうな眉間の皺が甘い泣き顔に変わるまで、俺としては何度も反復せざるを得ないのだ。

「つまり要旨は、同性間における性的行動による相互作用がおよぼす恋愛感情、とでも」
「メチャクチャだ、馬鹿な──」