※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

親友だった2人が恋人になる瞬間

「ひどいよな、『実験、実験って、ちっとも会ってくれない!』って、電話でいきなりだもん」
「まあねぇ、4年生のこの時期、理学部なら誰でも卒論の追い込みだわな」
「でしょ!? 今も日付も変わろうかってのに、研究室に缶詰だよ?」
「森本んとこ、先生厳しいもんな」
「もう必要ないと思うんだけどな、この検証はさ。……ああ、ごめん、安田、それ5mlずつ分注な」
「ラジャ。優美ちゃんもな……美人だったんだけどな」
「わがままだよな……せめて、こうして安田みたいに実験を手伝ってくれればさ」
「そりゃ無理でしょう、学部が違う」
「気持ちの問題だよ。俺に会いたいって言うんならさ」
「つきあいたいって言い出したの、優美ちゃんからだもんな」
「3ヵ月か……初詣デートくらいしかやらなかったな」
「クリスマスはドタキャンだったな、そりゃ森本が悪い」
「だって、安田がインフルエンザだったんだから、仕方ない」
「知ってたら電話しなかったよ。それに関しては俺も悪かったと思ってる。
 森本も、俺なんか放っておかないとね」
「インフルエンザだよ? 安田、死ぬかもしれなかったじゃんか」
「病院へ連れて行ってくれたことは感謝する。
 でも、クリスマスという大事な日にお前に頼ってしまったことは、俺が無神経だった。
 お前も優美ちゃんを優先すべきだった」
「何だよ、それ」
「はい、終わったよ分注。次に入れる薬品ちょうだい」
「ちょっと待てよ。俺、何が何でも優美ちゃん優先じゃないと駄目なの?」
「そりゃ、恋人なんだから当然でしょう……おい森本、薬品は? 終わらないと帰れないよ」
「安田は俺以外に電話かけたりしないでしょ!? 俺が行くのが当然じゃん!?」
「……誰か他にかけるよ、サークルの奴とか」
「でも、俺に電話してきたじゃんか!」
「それは熱で訳わかんなくて、日にちもわからなくて、森本しか思いつかなかったから」
「じゃあ、いいじゃん! 俺が優美ちゃんより死にそうな安田の所に行ったって、
 お前に怒られることないよ、だろ?」
「はは、優美ちゃんに怒られるはずだよ。そんで、別れちゃうはずだ」
「何言ってるんだよ」
「森本って俺のことが一番好きなんだな。……俺もだ」