※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

猛獣使い

猛獣使い……人には懐かないとされる猛獣をいとも容易く手懐け、
それを連れてあてどない旅を続ける孤高の存在……
人々はそんな猛獣使いに、ある一種の憧れと畏れを抱いていた……

「よぉ、"蛇使い”のエルじゃねぇか!相変わらず辛気臭ぇ顔だな!」
「"獅子使い”レオンか……」
馴れ馴れしく話しかけてきたこの男、馬鹿みたいに陽気で話していると疲れる……
--こいつと会わないように、反対方向に旅してきたのに……
何故出会ってしまったのか……エルはふっと、溜息をついた。

「どうした?また今日はいつにもまして元気が無ぇじゃねぇか」
「いや……この暑さでチャッピーの元気がなくてな」
「ちゃ、チャッピー……?」
「……あぁ、あいつのことだ」
エルが指さした先に居るのは、大きな白蛇……エルの相棒だ。

「……あいつチャッピーって顔か!!?ネーミングセンス無いにも程が有るぞお前!」
エルの不機嫌そうな顔が更に曇る。……しかし、レオンは何ら気にする様子はない。
「俺の『アーダルベルト=マックイーン・流星金霞号』を見習え!猛獣使いたるもの、
相方には格好良い名前を付けるべしだ!」
「呼びにくい、長い、覚えきれん、ダサい。
……猛獣使いたるもの、愛情を込めて簡潔で呼びやすい名を付けるべしだ」
「だっ、ダサいとは何だダサいとは!もうお前許さ……「おい、あれ……」

「何だよ全く……あ……」
エルの目線の先にあったのは、仲良くじゃれあう二人の相棒の姿。
……傍目から見ると、食うか食われるかの死闘にしか見えないが。
「いいな、あいつらは……俺らと違ってさ、素直で、純粋だ」
「『俺ら』とは何だ……一緒にしないでもらいたいのだが。まぁ同意するが……」
レオンが二匹を見つめる眼差しはいつになく優しげだ。
――こんな顔もできるんだな、こいつ
いつしかレオンの顔をじっと見つめていた自分に気づき、エルは頭を振る。

「……よし!俺も素直になってみるかな!」
「それがいい。お前みたいな馬鹿は素直すぎるくらいで丁度いい」
……いつもなら突っかかってくるはずのレオンが何も言わない。
真面目な顔をして、何処か遠くを見ている……

「……何か言え、お前が静かだと気持ちが悪い」
「いや、その、俺さ……お前のことが、好きなんだ……」
――何を言ってるのだこいつは!……あぁ、とうとう気でも狂ったか
「……本気だぞ」
「も、もう少しまともな冗談を言え……つまらん!」
流石のエルもこれには驚く。……レオンの発言にではない、自分にだ。
心臓の高鳴りが止まらない、馬鹿面だと思っていたレオンの顔がいやに格好良く見える……
「あいつらを見てて思ったんだ……俺も、あんなふうにお前と二人で……」
「か、顔が近い!そ、その馬鹿面をどけろ!」
「お前と二人で、旅がしたいんだ……ダメか?」

――ダメに決まっている!
「それもいい、かもな……」
言った後でしまった、と思った。心の声と本音が逆になっている。
レオンはどう思ったのだろうか、きっと阿呆面全開で喜んでいるに違いない……
「……良かった、断られたらどうしようかと思った……っ」
――泣いている、レオンが……それほど嬉しかったのか……?
「お、お、お前みたいな馬鹿が一人で旅をするなんてあ、危なすぎるだろう!俺は保護者としてついていくんだ!」
「うん、それでもいい!お前、しっかり者だし……」
顔をぐしゃぐしゃにしながら笑っているレオンが、すごく愛おしく感じた。

――これからのことはわからないけど、取り敢えず、今は幸せだ。……俺も素直になってみようか
「レオン、俺も……お前のことが……」

――fin――