※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

芸術学部生×体育学部生

 しゃっ、と鉛筆が紙の上を滑っていく音が聞こえる。その音が、何を描いているのか俺には見えない。だからただ、鉛筆をころころ変えていく先輩をぼーっと見つめていた。
 どうせすぐ汚れるから、なんて安物のシャツばかり着ているくせに、どこか洗練された雰囲気と。
 大変機嫌良さそうに和んだ、端麗な顔。
 その顔が俺の方を見て、手を止めて、笑う。自分が軽くときめくのが分かって、なんか悔しい。
「……やー、本当にナオ君っていい体してるよね」
「んな、そういう言い方やめてくださいってば」
 音声がつくだけで雰囲気が台無しだから。
「え、褒めてるんだよ、ナオ君の筋肉凄いって。好みだよ」
「いや、俺のことじゃなくて」
「そういえば、そろそろ寒いでしょ。もう上着ていいよ、モデルありがとう」
 俺の言葉をさらっと流して、先輩はまた鉛筆を握る。マイペースな様に脱力しつつ、俺は椅子の背にかけていたタンクトップへ手を伸ばした。
 服を着て椅子に座り直したところで、手を動かしながら先輩がまた話しかけてくる。
「あ。そういえばナオ君、専門は陸上だっけ」
「そっすよ」
「だからかな。触った感じだと、下半身も逞しいんだよね」
「え」
「こないだ暗くてあんまり見えなかったからさ」
「ちょっとせんぱ、ストップ」
「今度は明るいところで見」
「わーわーうわーーーー!!」
 ここ校内ですから! 誰か聞かれたらどうするんだよ!
 思わず立ち上がった拍子に、椅子に足を引っ掛け転がしてしまった。騒音の二重奏に先輩は目を見開いて、それからさもおかしそうに笑う。
「ナオ君、本当に可愛いなあ。そういう所も好きだよ」
「……先輩が楽しそうで嬉しいっすよ」
 起こした椅子の背にぐったり凭れて、俺は熱くなる耳を両手で塞いだ。