※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メンズブラ

「で?これは何なんだ?」
「ブラです」
「で?これをどうしたいんだ?」
「勇次につけ....あたっ!殴るなよ!」
「もう一度聞くぞ?これをどうしたいんだ?」
「勇次につけてもら....ぶへっ!!グーはやめて!グーはっ!!」
「俺を女扱いするつもりか?お前は!」
「してないよ!これ、メンズブラだもん!」
「メンズ...?」
「男性用ブラジャー、メンズブラ。勇次の白い肌に映える黒!
セットでこっちのレースの超ビキニブリーフも!」
「お前なあ、こんなの、俺に着せたら楽しいと思ってるわけ?」
「楽しいと思うよ!いや、別に似合う似合わないの問題じゃなくてさ、
非日常っつうかさ。いつもなら絶対しないような格好をさせたらさ、
勇次もちょっと恥ずかしくなっちゃって、頬なんか染めちゃったりして、
『そんなに見るなよ』とか言っちゃったら、俺たまんないしっ!!
だから着て見せ...ぐげっ!げっほ、げっほ...みぞおち..げっほ...
入ったっ...」
「俺がそんなもの、着るわけないだろうが!!」
「...わかったよ、想像だけで我慢する」
「想像もするなっ!...って、なにニヤニヤしてるんだ!こらっ!
そんな想像するなって言ってるだろう!!空想の世界から戻って来い!!」
「あれ?勇次、赤くなってる。照れてる?」
「ば、バカ野郎、照れてなんて....」
「そういう顔、本当に可愛いよな、勇次って。なあ、キスしていい?」
「...しょうがないな.......って、こらっ、服の下に手を入れるなって!」
「まあまあ....勇次、好きだよ」
「お前、好きだって言えば、何でも許されると思って...あっ...」