※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

滅亡する王朝の少年皇帝の最期

お願いします。
行儀の良い所作で頭を下げて、少年は言った。
やや窶れていながら、その表情は笑顔。
無邪気なようで、しかしどこか虚無感が漂っているように見えるのは、
大人の穿った見方であろうか。
憐れに思わないでもない、少年は傀儡でしかなかった。
しかしそれでも、犠牲は必要なのだと聞いている。
それ以上を考える事は、己の職分ではない。
誰にともなく思考を傾けながら、処刑者である男は剣を手にする。
少年は変わらず口元を柔らかく笑ませて、男を見つめている。
「何か、言い残すことは?」
定めに従って男はそう口にするが、少年は静かに首を振る。
「彼は…僕が言い残したい相手は、もうあなた方が連れていったのでしょう」
その言葉に、男は思い出す。
先日、同じく定めに従って問い、託された言葉を。
“御身の側に”
たった一言で良いと、彼は言った。

「僕も、彼の側に連れていってください。
 それだけでいいのです。それだけが、僕の望みです」
男は無言で頷くと、手にした剣を頭上へ掲げ、そうして職分を遂行した。
これで、全て。
全てが終わり…また全てが始まるのだろう。
それが新しい歩みであるのか、手垢の付いた繰り返しであるのか、
男には分からないし、興味も薄い。
人間一人、それぞれ生きて、それぞれ死ぬ。
それだけだと男は思う。
あの世など……
考えようとして、止める。
それ以上を考える事は、己の職分ではないので。
ただ、あの少年を「憐れな傀儡」としていた己の考えに僅かな訂正を加え、男は処刑場を後にした。