※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

債権者×債務者

妄想を吐き出させて下さい。

親が遺した借金抱えて天涯孤独の受け。
長年の苦労ですっかり無気力状態、債権者の攻めに
「金がないなら身体で払って貰おうか」と言われても
「鉱山でも男娼宿でも放り込めば」と投げやりな態度。
「そんな所で働かせてもロクに返済出来ないうちに死なれそうだ」ということで、
受けは攻めの会社(とか店とか)で攻めの商売を手伝うことになる。
最初は半分死んだように働いてた受けだったが、攻めの容赦ない指導もあって徐々にやる気と才覚を見せ始める。
そうこうする間に互いに惹かれていくわけだけど、
攻めは「借金を楯にして受け容れさせても虚しいだけだ」と踏み出せないし、
受けは「借金返済で切れる縁なら深入りしたくない」と距離を置こうとする、って感じで、
債権者/債務者という立場のせいでなかなか進展しない。

そんな中、受けが己のアイデアなり機転なりですごい利益を叩き出し、
攻めは「これでお前も自由の身だ、これからは好きにすればいい」と借用書を焼いてしまう。
ここからは受けが「俺はあなたの傍にいるのが好きなんだ」と告白するもよし、
攻めが「自由になったんだから嫌なら断ってくれ」と仕掛けるもよし、
晴れて対等な立場で公私ともにベストパートナーになったらいい。

ベッタベタでも、まだるっこしい両片思いがジリジリ続くのが好きなんです