※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国際会議

金髪碧眼アメリカ人×黒髪黒目日本人は良く見かける。
留学して右も左もわからない身長160cm未満の日本人を、ルームメートになったアメリカ人が美味しく頂く…有り得る。

日本人×アメリカ人の場合はどうだろう?
アメリカ人=ガタイが良いという日本人の発想から、なかなか王道となり難い。
ならば走るべきはショタか。
近所に住んでいる天使のような少年をパクリ。…いける。

生まれも育ちも日本、英語はからっきし。外国人相手に戸惑うアメリカ人と、知っててからかう日本留学中のイギリス人。
イギリス人×アメリカ人も素敵だろ?

アラブ人が攻めなのは何故か。金髪褐色肌はなかなかいないが、黒髪褐色肌の受けがいてもいいじゃないか。
海外出張でアラブに来た東洋人に一目惚れされる石油王受け萌え!

チャイニーズマフィア×ロシアンマフィア禿萌エス。
ジャパニーズ“GOKUDO”×ロシアンマフィア寺萌エス。
色白ロシア人総受けだろJK

いっそ太平洋×大西洋←インド洋とかどうよ?
ユーラシア大陸×オーストラリアとかめちゃくちゃ良くね?
地球まじ萌える。



『以上、本日午後に行われた801国際会議の模様をお送りしました』

「やはり最初は開催国である日本に重きを置く内容となりましたね」
「しかし、後半はおいてけぼりを感じますね。やはり日本は自己主張をしっかり行い、日本総攻めを強く押し出していくべきです」
「いや、日本は総攻めではなくバチカン市国×ツバルをイチオシカプとして…」

『続いてはお天気です。今夜の月は何組のやっそんを覗き見るんでしょうか。八百原さーん?』

801国際会議の会場の外では会議の開催に抗議するNGOらの集会が開かれていた
「801G6の日中米英露亜だけで801世界の全てを決めるな!」がスローガンだ

「我々ラテン系にも決定プロセス関与の機会を!」(仏伊西の801NGO)
「金髪碧眼のアングロサクソンは米英だけじゃない!」(豪加の801NGO)
「一大ジャンルにナチスものがあるのになぜ我々が参加できないんだ?」(独の801NGO)
「アメリカにはオレたちだっているんだ!」(ネイティブアメリカンの801NGO)
「南米を無視するな!」(メキシコ・ブラジル・アルゼンチンの反801貧困NGO)
「ムエタイ戦士だって凄くかわいいぞ!」(タイの801ムエタイの競技団体)
「オレたちだって石油王に負けず劣らずの金持ちだ!」(インドの801マハラジャの親睦団体)
「中東に住んでいるのはアラブ人だけじゃない!」(イラン・トルコの801イスラム組織)
「黒人が1人も居ないのは変じゃないか!」(ケニアの801人種差別撤廃運動団体)
「北海道を舞台にするならオレたちも出せ!」(801ウタリ協会)
「中国マフィアを一まとめにするな! 香港・上海・福建・東北の四派閥あるぞ!」(801マフィア研究家)
「大草原を駆け巡る雄大な801を作れ!」(モンゴルの801NGO)
「太平洋の海の男たちだって参加資格はあるぞ!」(ハワイの801NGO)

このように各々の立場でシュプレヒコールを上げていた
今回参加できなかった801団体もたくさんある
801国際社会はとても広い
今は会場の外に居ても次の会議で中に入っている団体もあるかもしれない
ほんの何年か前までアラブ人たちも会場の外でシュプレヒコールを上げていたのだから・・・