※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あなたと見る朝日

暗い中、どこからかすずめの鳴き声が聞こえた。
「もう朝か…」
時間はわからない。腕時計は昨夜殴られたときに顔を庇って壊れたし、携帯の電源は切っていた。
誰とも、違う、ただ中根と繋がりたくなかった。
昨夜のことが思い出される。
「ああなんで俺…あんなこと」
キスをした。
酔っていたからではなく好きだったから。
二軒目三軒目と酔いを重ねる毎に中根と高橋の距離は近くなった。
普段あれだけしかめっ面をしている男が、綺麗な歯を見せて笑い、あれだけ近寄りがたい男が、自ずから肩を組んできた。
惚れ惚れするような眉間の皺は消え、代わりに細い睫が笑うたび揺れた。
「だってさぁ、あれはだって…」
中根のせいにしようと頑張ってみても、上手く結論付けられない。
高橋は無機質さを増した携帯電話を握りしめた。
「会社行きたくねえ…」
同居の妹と顔を合わせるのも嫌で、夜中の内にメールを入れて一晩を公園のベンチで過ごした。
財布も鞄も、飲み屋へ置いてきたまま。
「最悪だ…」
「こっちのセリフだよ」
「あっ!?えっ…」
起き上がり振り向くと、中根が不機嫌そうに立っていた。眉間の皺は一層深い。
「中根さんあの、俺」
「寝惚けてんだろ。飲めば」
差し出された缶コーヒーを手に取ると、中根が横に腰掛けてきた。

「中根さん」
「許してねえぞ」
「っで、すよね…」
肩をすぼめ、一晩で冷え切った体にコーヒーをちびちびと流しこむ。
何を話していいのか、中根のほうを向いてもいいのか、何もわからずただじっと黙り込む。
「高橋お前」
「…はい」
「謝ろうと思ってるのか知んねえけど、謝ったら右頬も張るぞ」
見透かされたようで、どきり、と言うよりはぎくりとした。既に殴られた左頬にじわじわと痛みが押し寄せてくる。
「……はい。…あの、俺はじゃあ、どうすれば」
「あぁ?知るかよそんなの自分で決めろよ。俺のこと落とすんじゃねえの?」
「え、いやそんな…え?」
思わず中根の横顔を見つめる。
「諦めてくれんならそれも楽でいいんだけど」
「えっ、いやいや落とします、絶対!」
「張り切んな、きめえ」
「なにがなんでも!」
「うぜえ」
高橋が中根を見つめたままでいると、中根はいつまでも空になった缶を口元へ寄せていた。
ビルからの反射光が二人を差す。
「あっ、馬鹿ほらもう朝じゃねーか!」
「わ、マジだ。すいません」
「しょうがねえな、ネカフェでシャワーだけ浴びてくぞ」
中根が放るように鞄を寄越す。
「あ、はい。あの、中根さん」
「なによ」
「ありがとうございます、探してくれて」
「酔っぱらってんの?」
二人は朝日に追われるように、小さなベンチをあとにした。