※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皆の人気者×一匹狼

どんなに煩い人ごみの中でも、お前のいる場所はすぐわかる。
お前が話すと、空気がやわらぐ。
お前が歩くと、空気が流れる。
お前が笑うと、空気が光る。

…下駄箱の向こうから、がやがやと声が聞こえる。
帰りにどこそこへ寄ろうだの、なんやかやを食べようだの。
全くお前は見かけるたびに誰かに何か誘われている。
「あー悪りい、今日用事あるから!」
つれないお前の返事の所為で、残念な空気がその場を覆うのが手に取るようにわかる。
罪な野郎だ。
同情の視線を横に流すと、大股で近づいてくるその影ひとつ。
馬鹿馬鹿しくも、胸がどきんと打った。

「よっ!おひとりさま?」
「……。」
「じゃあ、いっしょ帰ろ!」
「…用事は?」
「え?」
「用事があるって、今。」
「あーいや、てかあれ、お前と帰るから。」
「は」
「ね?」
「ね、って」
「教室からお前が下駄箱向かうの見えてさ」
「…」
「なんかさ、人とかいっぱいいてもお前はすぐに見つかるんだよね。やっぱ愛の力かな~」
「…知るか馬鹿」

他人と慣れ合うのは、弱い奴だと思っていた。
誰かと空気を共有するのなんて御免だった。
一人が楽だった。
筈なのに。

お前の空気になら、飲まれてもいい。
そんなことを思いながら、ひと気のない道を選んで帰った。
つないだ手が、あたたかかった。