※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピロートーク

「さて、桃太郎が歩いていると、向こうから一匹の犬がやって来ました。
 『桃太郎さん桃太郎さん、お腰につけたきびだんご、ひとつ私にくださいな』――」
「おい善紀、なんでこの犬桃太郎の名前を知ってるんだ。初対面なんだろう?」
「なんでって……まあ、有名人だから?」
「なるほど。桃から人が生まれるのはその世界でも異常事態なんだな」
「多分――で、犬の頼みを聞いた桃太郎は、『鬼退治についてきてくれるならあげましょう』と――」
「団子一個で戦場へ行けというのか。随分乱暴な話だ」
「うん、正直それは俺も思った。……ああ、きっと半年予約待ちレベルの激レアきびだんごなんだよ」

晃にせがまれ、この前から寝る前に昔話を聴かせている。
が、この「おはなしの時間」は心地よい眠気と倦怠感に満ちていて、
二人とも、ともすればいつの間にか寝入ってしまう。
おまけに、晃は話が少し動くたびにいちいち疑問やツッコミを挟んできて、
俺もその度にいちいち理由を考えて答えている。
そんな状態なので、物語の終わりは一向に見えてこない。

「楽しいな」
雉はきびだんごを食べられるか否か、について考え込んでいると、不意に晃が呟いた。
え、と首だけでそちらを見やる。暗くて表情はよく分からないが、確かに上機嫌だ。
「何十回も読んだ話でも、こうやって誰かと一緒の布団に入って」
言いながらふわっと抱きついてくる。一心に甘えてくる小さな子供のようだ。
「俺ひとりに聴かせるために話してくれて、俺がなにか言ったらちゃんと答えてくれて……
 こういうの、昔はなかった。だから今、長年の夢がかなってすごく嬉しい」
幼少期に家族関係で寂しい思いをしていたらしいことは、親しくなるうちになんとなくわかっていた。
でも、こういう話を直接聞くのは初めてだった。
「そっか。夢が叶ったか」
淡々と語られた言葉に胸がいっぱいになって、晃を抱きしめ返す。すると、
「今、ここにいるのが善紀でよかった」
囁きと共に、耳朶に柔らかいものが触れた。その一点が熱を帯び、全身に波紋のように広がっていく。
それを気取られたくなくて、
「まあ、楽しいのはいいけど、こう立ち止まってばかりじゃいつ話し終わるか分かんないよ?」
突っぱね気味に大仰なため息を付いてみせる。それを聞いた晃は、再び俺の耳もとで、
「いつまででも話し続ければいい。夜はあと何千回でもやってくるんだから」
当たり前のように言ってのけた。
俺はまず呆れ、次にその言葉の意味するところに思い当たり、さっきとは違う感情で胸がいっぱいになって、
何か言おうとして言えなくて、ただ晃の身体にまわした腕に一層力を込めた。

こうして二人は今夜も幸福な眠りについたのでした。
めでたし、めでたし。