※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お兄ちゃんの彼氏?

兄「なぜそう思う弟よ」
弟「え…だって。いつもお兄ちゃんその人のことしか話さないし。今日だって」
兄「あのなぁ。いくら俺様と言えど、彼女持ちの奴をたぶらかすほど悪人ではないぞ」
弟「えっ…う、嘘ばっかり。僕は騙されないかんね!」
兄「ほう、『嘘』だというのか。そうかそうか」
弟「う…ご、ごめん、なさい。だからその両手をワキワキさせるのやめて」
友「とりあえず俺を無視して話を続けるのは止めてくれないかな」
兄「おお、すまんな。どうもこいつを見てるとついイジりたくなってな」
友「あー何か分かる。お前の弟、なんかこう、小動物系? ついつい撫で回したくなる感じだわ」
弟「……っ!?」
兄「だろう?」
友「でもいいよなー、こういう可愛い弟がいて。なぁ、俺に一日くらい貸してよ」
弟「……」
兄「ははっ、一日と言わず、一週間位でもいいぞ? でもまぁ一応本人の同意も得ないとな。な?」
弟「……う、うん」
友「そりゃそうだな。いや悪い悪い。ごめんなー弟くん。本気にしないでね?」
弟「……ぃ、です…」
友「ん? 何か言った?」
弟「い、いえっ! 何でもないです! それじゃ僕、これから出掛けますんで! どうぞごゆっくり!」
友「あっ…なんだ、はえーな。もう行っちまったよ」

兄「くくっ、アイツの反応。見たか? すげー分かりやすいだろ?」
友「いや話には聞いてたけど…あれほどとは」
兄「お前を連れてきた時の顔ったら。さも『興味がありません』みたいな顔で『彼氏?』だもんなー」
友「そして『彼女持ち』と言った後の表情。そりゃバレバレだわー」
兄「な?」
友「でどうすんの?」
兄「何が?」
友「だから、『貸してくれる』って話」
兄「あー」
友「構わないんだろ?」
兄「まぁ、な。でもほら」
友「何がだよ」
兄「…やっぱ『俺のモノ』だから、な」
友「言うと思った」
兄「すまねぇな」
友「何、いつものことだ。気にしないさ。ただその代わり」
兄「その代わり?」
友「この『埋め合わせ』はしてもらうぞ?」
兄「…あー」
友「身から出た錆、だ」
兄「まぁ、いつものことだし気にもしねぇよ」
友「うむ、従順でよろしい」