※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

決して相容れない存在

葬式だった。
遺影は見慣れた顔だった。

夜中、昔馴染みの市外局番からの電話に出たら、どうやら岸田にただごとではないなにかがあったらしく、岸田んとこのおふくろさんが、声を殺して泣いていた。
いわゆる貧乏の端くれご立派なアルバイター様は、田舎への急な電車賃と、幼馴染への香典代ですっからかん。
喪服を買う金もなく、リクルート用の無地スーツを引っつかんで見飽きたクソ田舎へ帰った。

葬式だった。
遺影は見慣れた顔だった。
切り抜かれたお前の横には、俺が写っていたはずだ。

葬式だった。
どうやらそれが葬式だった、と思い知ったのは、帰りの電車の中だった。
泣いた。
財布に320円しか入ってないからではなくて。
岸田、お前が死んだから。
向かいの女に怪しまれるほど泣きながら、岸田の部屋でなくて良かったと思った。
一度だけ、夕陽にさされてキスをした、お前の部屋で泣いてたら、俺は戻れなかっただろうから。

葬式だった。

さよなら岸田、お前の煙は目に沁みた。

もう二度と、相容れない君。
二度とは相見えない君。