※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

未熟だけど頑張る受けの姿を陰ながら応援している攻め

「なあ、まだ着かないの?地図貸せよ、見てやるから」
「いいって、今日は俺自力で行くんだから、アキヒロはだまってて」
「けどお前もう2時間もこの辺ぐるぐるして…ん?なぁユウスケ、あの看板そうじゃね?」
「えっ?あ、ホントだ!」
「うわー、こんなとこに道あったのか…これはわかんねえわ」
「っていうか今まで看板なんてあったかな?」
「お前は毎年来てたんじゃないのかよ」
「だっていつもはよっちゃん道案内してくれてて……」
「…泣くなよ、ホラ行こう。よっちゃん待ってるよ」
「ああ、うん…」
「淋しがることねえよ、案外ここ見つけられたのもよっちゃんのおかげかもよ?草葉の陰から見守ってくれてんじゃねーの?」
「…ダメだね俺、もっとしっかりしないと」
「まぁこれからは俺もついてるしな。安心して両親と眠っててもらえるように、ちゃんと報告しにいこう」
「うん、そうだね。あーいまもどっかで見ててくれるのかなぁ」
「見てるよ、お前は危なっかしいから」
「だといいなぁ…今までありがとうね、よっちゃん。俺がんばるからね」