※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高校生

 握った手は冷たかった。
 もし見つかったら言い訳にしようと思った。どれだけ冷たいか確かめていたのだと。

 幹隆はもう学校に来る必要がない。でも俺が来るから当然来る。
 俺は最後の試験に向けての勉強と称して、幹隆が来る学校に毎日来る。
 教室に暖房はなく、他に生徒はいない。みんな自習室か図書室、または暖かい自宅で猛勉強しているのだ。
 ここにいるのは俺達だけ。物好きを先生もほっておいてくれる。
「センターの生物は楽勝だったのに……何、このえぐい過去問」
「今初めて見たんじゃなかろうな、今月末だろ? 余裕? っつーか無謀」
 コートにマフラーぐるぐる巻きで、俺より真剣な顔で幹隆が問題を見てる。
 俺の方も似たような格好で、問題なんか今さら興味ない。
「受かった奴はいーよな、寒いしマジで死にそう」
「受かる気はなかったんだけどね、いーかげん図書室行こうぜ」
「……人がいるから、いや」
 鉛筆をにぎる手も凍えているから、俺はあっさりそれを投げて幹隆の手を握った。
「……ばか、やめとけって」
「いーじゃん、寒いんだよ」
「なんのために学校に来てんだよ」
 幹隆が半笑いなので、俺も鼻で笑った。
 わかりきってる。
「全然あったまらない」
「だって俺の手も冷たいし」
「あったまるようなことしたい」「馬鹿か、お前」
 本当はキスしかしたことなかった。今は、手よりも唇のほうが暖かい気がした。
 でも、これ以上距離をつめることは、怖くてできなかった。
「……早く大学生なりてー」
 俺が言えばすかさず「今のままじゃ予備校生だろ」と幹隆が混ぜっ返す。
「一人暮らししたら遊びに来いよな」
「俺のとこにもな」
「あ、そーか……俺がダメでも幹隆のとこに行けばいいのか」
 言外の意味を悟って、幹隆が困った顔をした。
 幹隆は迷ってる。
 卒業と同時に消えてしまいそうな、一時の気の迷いのような俺達の距離だった。
「……卒業すればもっと簡単になる」
 言う俺にも、それが本当かどうかよくわからない。
「やめろよ」
 抵抗されながら無理矢理キスした。
 幹隆は頬まで冷たくて、触れるだけじゃ暖まりそうもなくて、それでも俺は短いキスしかできないのだ。

 教室は短い日が陰って薄暗く、その暗さだけが俺達を守ってくれていた。
 誰かが来たら終わり。
 人を好きになるのは悪いことだった。同性なら、なおさら。