※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

行き止まりでの出会い

行き止まった。
戻れない。戻りたくない。
ここで終わりか。
つまらない旅によく似合う、つまらない終わりだ。

ガタ

「あれ?こんにちわー」

…目の前の壁が開いた…なんだ?家なのか?

「うちにご用、なわけないですよねー。もしかして道に迷われてます?」
「あ、は、はあ、まあそんなもんで
「そうですかー。この辺分かりづらいんですよね。良かったら、道教えましょうか。」
「あ、いえ、特に行くところがあるわけではないの
「へえ?散歩ですか?」
「は、はあ、まあそんなもんで
「じゃあ、ちょっと上がってお茶でも飲んでいきませんか?今日は特に冷えますし」
えらく食い気味の男だ。
「いえ、そんな悪いですから」
「そう言わずに!誰も訪ねて来ないし、暇なんですよ!話相手になると思って!」
そりゃ、こんな入り口じゃ誰も来ないだろ…「え、えーっt
「美味しいお菓子もありますよ?」
「…」
「意外とあったかいし…」
「…」
「…」
「わかりました、お邪魔しま
「そうこなくちゃ!さっそくお茶いれますね!すごく美味しいお茶が…」

ガタ

ぼくの旅はまだ続くらしい。
ただ、つまらない旅は終わりそうだ。

はじまりはじまり