※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

× 粋Z○ 好々爺

「また新しいニット買ったのか?」
「う、うん。似合わない?へん?」
「いや似合っるよ。でもそれ高かったろ?」
「うん。ちょっとだけ」
「ちょっとかよ。…おまえさ、バイトまた増やしたんだってな」
「うん、本屋とコンビニ」
「そりゃ高い服ばっか買ってたら追いつかないだろうけどさ。服もいいけど 無理すんなよな」
「わかった」
「…なぁひとつ聞いていい?」
「うん?なに?」
「なんで急にオシャレんなってんの?前はウニクロとか不印とかばっかだったじゃん」
「オシャレな俺はいや?」
「いやなわけねーじゃんよ。でもバイト増やして疲れきってまですることか?」
「粋Zは一日にして成らず、って書いてあった」
「は?」
「話題の雑誌に」
「……?」
「この前 テレビの粋Z特集見てたら亮言ってたじゃん」
「何を??」
「粋Zカッケーって。こういうジジィになりたいって」
「そう言えば言ったような気もするが…」
「亮はいつもかっこよくキめてるから粋Zになれるよね。でも俺はダサいから今から修行しとかなきゃダサZになっちゃうよ」
「粋Zになるための修行かよ」
「笑うなよ!粋Zの亮の隣でも恥ずかしくない爺さんになるんだから」
「…。爺さんって…。それプロポーズ?」
「あ…」
「粋Zより昔話に登場するいい爺さんみたいな裕太の方がいいな」
「ほんと?普通の爺さんでいい?」
「うん」
「代官山や青山で浮いちゃう爺さんでもいいの?」
「ぜ~んぜんいい」
「夜のショットバーじゃなくて、日溜まりで手をつないで歩くんでいい?」
裕太のあまりに必死な言い草に、
思わず昔見たチャーミーグリーンのCMを思い出し吹いてしまった。
「うん。いいいい。手を繋いでスキップしような」