※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お墓参りの帰り

さっきから小さな足音がついてくる。
振り返るのがこわい。
逃げるのもこわい。
(大丈夫。きっとばーちゃんが守ってくれるから)
最後にばーちゃんから貰ったお守りをギュッと握りしめて、何度も自分に言い聞かせていた。

今日は三年前に死んだばーちゃんの命日だった。
お墓には花とまんじゅうだけで、お線香の煙も寂しかった。
去年は三回忌で、一昨年は一周忌だった。
父ちゃんも母ちゃんも『今年は特別じゃないからさみしいね』って言ってたのに。
でも、ぼくがいるからね。
ばーちゃんの大好きだったビールと、いい匂いのするお線香を、お年玉の残りで買って来たよ。

ばーちゃんに『また来るね』って言って、お寺から出るときに気付いた。
さっきからずっと、誰かが後を歩いてる。
ぼくが早足になると、足音も速くなる。
ゆっくりにすれば、ゆっくりになる。
おばけが出るのは夜のはずなのに……。
きっとばーちゃんが助けてくれるって、握ったお守りを胸に抱きしめた。
でも、そのとき……
「あのー、えーと……」
「う、うわーーーーん!ばーちゃーん!助けてー!」
低い声といっしょに肩に乗った手で、我慢してたこわさが破裂した。
思いっきり走り出そうとしたのに、大きな手に捕まえられる。
手や足を振り回して逃げようとしたけどビクともしない。
「うう、……ばーちゃん、助けてよ」
「ボクはいつでもじーちゃんを助けるよ?」
聞こえた声は聞いたことのない声。
でも、ぼくを『祐二』とか『祐ちゃん』じゃなくて『じーちゃん』って呼ぶのはばーちゃんだけ。
「ばー、ちゃん?ほんとに?」
手も足も動かなくなって、体が凍ったみたいに固まった。
振り返ったら本当にばーちゃんがいるの?
「うん。本当に双葉だよ。ボクがじーちゃんに嘘なんて吐けるわけないじゃない」
いつもの言葉。
振り返れば、きっといつもの笑顔。
だから『なんで大きいの?』とか『ばーちゃんはお化けなの?』とか、みんなみーんな吹っ飛ばして抱きついた。