※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふみなさい

「踏みなさい」

 居間でごろんとうつ伏せに寝転んだ智也さんが、柔らかな口調で俺に言った。
 突然、そんなことを言われても困る。

「あの、俺、高校せ……」
「大丈夫。父さんなら大丈夫だ、信じなさい」

 何が大丈夫、なんですか。何を信じろというんですか。
 項垂れた俺を肩越しにちらりとみて、智也さんはまた大丈夫だと言った。

 俺はもう高校3年にもなる男だ。背も高い方だし、結構体重もある。
 大丈夫、踏みなさい――といわれても、そう簡単に頷けはしない。
 俺は案外常識人なんだ。
 対する智也さんは、よれよれのスーツを着た線の細い――よく言えば繊細な、悪く言えばもやしみたいな人だ。
 俺なんかが踏んだら、ぼきっと骨が折れてしまいそうだ。
 40をとうに超えた、義理の父。
 母が再婚相手として連れてきたこの人のことを、俺はまだ『智也さん』と呼んでいる。
 別に智也さんのことが気にいらないわけではない。
 俺自身は、智也さんのことをとっても気に入っている。
 智也さんは、優しくて大らかな、陽光のような人だ。俺は、そんな智也さんが大好きだった。

 だけど――踏みなさい、なんて言葉はいただけない。
 俺はもう一度、ぶるりと首を横に振った。

「裕貴……踏んではくれないのかい?」
「俺が踏んだら絶対痛いから……」
「大丈夫だ! 私は踏まれるのが好きなんだ。痛いぐらいが気持ちいい」

 智也さん、その発言はいろいろ危ないような気がするんですが。
 体を起こし、眼鏡をずるりと落としかけながら力説する様子に、俺は小さく嘆息した。
 こうみえて智也さんは頑固なところがある。
 今日やってあげなければ、明日もあさっても――下手すると一年ぐらい言い続けかねない。
 だったら、早く済ましてしまおう。

 恐る恐る右足を出して――智也さんの細い腰に添える。

 そのまま、ぐっと全体重を乗せ――

「……ッ!! い、痛ッ」
「ごっ、ごめん!」

 直ぐに飛び退けば、智也さんは腰を摩りながらほろりと涙を零す。
 やっぱり、大丈夫なんかじゃなかったじゃないか!

「智也さん、大丈夫?」
「あ、ああ……大丈夫、大丈夫。あだだ、こ――腰が」
「ああほら、起き上がらなくっていいから!」

 只でさえ、智也さんは腰が悪い。
 腰を押さえながらも無理に起き上がろうとする智也さんを制して、俺は直ぐにシップを取りに走った。
 シャツをぐいと捲り上げ、先ほど踏んだ箇所に張る。

「足の裏を踏んでもらうマッサージ、あるだろ? あれを子供にやってもらうのが私の夢だったんだ」

 座布団に顔を埋めながら、智也さんが言った。
 母は再婚だが、智也さんは初婚だ。智也さんに、実の子供は居ない。
 二人の間の子供は俺だけだ。
 つきん、と胸の奥が痛む。

「足の裏は流石に痛いだろうから、と思って腰にしてもらったんだけど――やっぱり痛かったな」
「当たり前だろ。マッサージなら俺、ちゃんとやってあげるよ?」
「いやいや、子の体重をぎゅっと感じたかったんだよ。それが父親の幸せってもんだろう?」

 智也さんはそう言うと、手を伸ばして俺の頭をわしわしっと撫でた。
 節ばった細い指が髪を掻き乱し、くすぐったくて心地良い。

「父さんって呼べとは言わないよ。だけど裕貴も、私の子供なんだからね」
「うん――分かってる」

 智也さんの薄い唇が、俺の名前を呼ぶ。
 それが妙にせつなくって、俺は俯きながら呟いた。
 智也さんは、俺のことを実の子供だと思い接してくれている。
 ギクシャクさせているのは、俺の方だって言うのも分かってる。
 智也さんのことは、好きだ。だけど、どうしても父さんとは、呼べない。

 ごめんね、智也さん。
 俺は貴方に、父親以上の愛情を抱いています――。