※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

洋菓子職人×和菓子職人

フランスで厳しい修行を積んだ気鋭の新進パティシエ
今やカリスマ菓子職人、テレビや雑誌の取材も引きも切らない
だから、一度テレビで自分の引き立て役のように出演した、
中年の和菓子屋主人のことなど最初は軽蔑していた
しかし、偶然付き合いを重ねるうち、なぜか心にその男のことがひっかかっていく
頂点を目指すわけでもなく、ただ淡々と季節の菓子を作り続けるだけ
茶道の名門の茶会でも目指せばいいのに、ちゃらいお茶教室の注文を受けて
今時の女のコが和菓子の美味しさに目覚めるのがいい気分だ、とか言いやがる
そんな男の作る和菓子が、しかし、ホントに美味いのだ
イライラする  どうしてだよ  この程度の男が

ある日、雑誌の取材を逃げ、奴の仕事場の隅っこで茶なんかすすっていた時、
餡を煮ていた奴が、いきなり真剣な表情を作り、しかし退屈な日常会話でもするように、ぼそりと呟いた

「分かっているだろうが‥‥ボクは、本当、君がうらやましいよ」

この期に及んで。したたか殴られた、そんな気分。
怒りが込み上げた。
どうしてだよ。アンタにとって、こんな俺が何様だってんだよ。
俺のことなんか、アンタにゃどうでもいいじゃないか。
俺はこんなにアンタに憧れているのに。
アンタを目指してるのに。
アンタを必要としているのに。

手の中の安物の白い茶碗が、ボヤけて見えなくなった。
同じぐらいボーッとした奴の前で、
俺はたぶん、これだけは奴の優位に立てる見せかけの傲慢な面を作って
せせら笑うように、横を向くしかなかった。