※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

粉雪舞い降りる夜に

携帯の向こうから聞かされた内容が到底信じられなくて、俺は思わず呼吸を止めた。
耳から入ってくる音の羅列は、脳へと到達しても意味を成してくれない。
人というものは、あまりの衝撃を受けるとうまく感覚器官が働かなくなるようだ、と
俺はさほど長くはない人生の中で初めてそう知った。

     *     *     *

テレビの中のニュースキャスターは、馬鹿みたいな三角の帽子をかぶってにこにこ笑って、言った。
『東京では本日、夕方から小雪がちらつきだし、七年ぶりのホワイトクリスマスとなって……』
その言葉に被さる様にして、都心のビル街の頭上へはらはらと舞い降りる粉雪の映像が流れる。
「ロマンチックですよねー」「すっごく嬉しいです!」「これからまだ娘のプレゼント買わなきゃならなくて」
インタビューに答える人々は皆一様に幸福そうで、みんながみんな陽気な笑顔だった。
それを目にした瞬間、異様な物苦しさにどくんと心臓が跳ね上がる。
狭心症の発作にも似た身体を締め付ける痛みが、俺の胸を強かに襲った。
逸る鼓動と震える指先を抑え、苛立たしげにパチンとテレビのスイッチを落とす。
静かになった真っ黒の画面をぼうっとした目つきで見つめながら、俺は思わず舌を鳴らした。
こんなの、八つ当たりにすらなっていないと分かっている。
けれど俺は、画面の中で楽しそうにしている人々が腹立たしくて仕方なかった。
「……っ、何だよ。何で、みんな笑ってんだよ?」
理不尽過ぎる。そう頭では理解していても、口を突く言葉は止まらない。
「アイツが死んだのに、何で笑ってんだよ……」
倒れこむようにして床に膝を突く。薄ぼんやりとした思考で、考えた。

――みんなが幸せな気分になる、ハッピー・ホワイト・クリスマス。
綺麗で幻想的で荘厳な、真っ白でふわふわとした空からの贈り物。
そのせいでアイツのバイクはスリップし、運動神経の悪いアイツは打ち所悪く死んだワケですが、
この世界の99,999パーセントの人にとって、そんなのはどうでもいいような瑣末なことで。

俺にとっての死神が、彼らにとっての幸せの象徴なのだ、と。
そう考えたらなんだかおかしくて、笑いすぎて涙が出た。