※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

未だかつてない一目惚れ

自分が惚れっぽいのはよく知ってる。

小学生の時の転校生。
中学生の時の教育実習生。

この辺はまだいい。

コンビニのお姉さん。
肩がぶつかったお兄さん。
セールスマン。
あまつさえ出会い系メールにすら。

恋をしていない日なんてない。
一言だけでも好きになれる。
目と目の合ったその日から。


だからってコレはねぇだろう。


「おい、聞いてんのかよ!」
「うん聞いてるって……はは……」
「だったらこっち見ろよ! なんで目ぇ反らすんだよ」
「それは……その」

合わせられる訳ない。
だって、そんなことしたらきっと顔が真っ赤になる。
訳だって言えない。
自分を叱るお前に惚れたなんて。

ありえないだろ。

学校の帰り道。
落し物をしたという女の子に会った。
暇だったから一緒に探してあげて、やっと見つけた所にコイツが来た。

見るなり俺の手をひっ掴んで走った。
で、家に着くなりずっと説教。

お前は人間ならなんでもいいのか。
少しは自重しろ。

今回は一目惚れじゃないんだけどな。
流石に幼稚園児にまで惚れるほど人の道は外れてない……たぶん。
けれどいつもがいつもなだけに反論しづらい。

それでも一応否定しておこうと顔を上げて、固まった。

真剣に自分を見つめる瞳。
ドクリと心臓が打ちつける。

だめだ、コイツには惚れられないんだ。

だって大切な友達で。
今だって自分を心配して怒ってくれて。

なのに心配されている事が嬉しい。
自分を見てくれる事が嬉しい。

「おい、聞いてんのかよ!」

聞いてる。
でも、どうしよう。
惚れるのはやめられそうにないよ。