※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

屈辱

唇が離れ、二人を繋ぐ透明な糸が途切れる。
ほうっと吐いた息が妙に卑猥に聞こえて口元を押さえる。
「もっとしたい?」
その質問に少しだけ頷いて視線を合わせる。
「したいなら、「もう1回して。」って言って。」
「い……嫌だよ。」
そんな恥ずかしい台詞言えるわけが無い。
「嫌だから聞きたいんだよ。」
あいつはくすくす笑って俺の髪を梳く。
「それとも、もうしたくない?」
耳元で囁かれるくすぐったさに首をすくめる。
「……も、っかい、して。」
震える声に耐え切れずぎゅっと目をつむる。
あいつの顔が近づく気配を感じながら、今なら恥ずかしさで死ねるかもしれないと思った。


=========
何かエロい雰囲気のを書きたかったの。