※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

点と線

「俺は【線】だから」
そう言って誇らしげに奴は笑った。
邪気なんて微塵もないその笑顔に胸の奥がもやもやする。
「…お前、それでいいの?」
俺の言葉にきょとん、と奴は首を傾げる。意図が伝わらないことに少しイライラする。
「だって、吉田のやつ、最近お前放置で吉田と仲良いし…あとお前、酒井のこと、好きだったんだろ?なのに」
「嬉しいよ」
遮った声にも暗い影は見当たらない。
「ただの点同士で繋がりのなかった奴らが、俺っていう線で繋がって仲良くなって幸せになるんだぜ?」
それって凄いことじゃん、なんて、やっぱり笑顔で奴は言う。
…凄い事なわけあるか。
仲の良かった友達が自分経由で知り合った別の友人と自分より仲良くなる。
想い人が自分経由で知り合った別の誰かと付き合い始める。
…それが笑い事なわけがあるか。寂しくないわけがあるか。
そんな俺の苛立ちをよそに、笑顔を少し真剣に引き締めて奴は宣言する。
「ナオちゃんのことも、絶対幸せになれるヤツと繋ぐからな。っつーかそれが一番重要だし!」
任せとけ!なんて親指を立ててくるのが最高に癪に障る。
「はいはい、それはありがたい。出来る物ならやってみな」
「あ、バカにしやがったな?!こーなったら泣いて感謝したくなるくらい幸せにしてやる!」
見てやがれー!と握りこぶしを振り回す姿に眩暈がして大きく溜め息が出た。

何やら見当違いな使命に燃える【線】に、【点】たる俺の想いはいつか届くのだろうか。