※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

四面楚歌

いつも歩きなれていたはずの山道が、今日は違う道のように感じられる。
後ろで息を切らせている彼の手をひき、俺は必死で北へと向かっていた。
「この山を越えれば、逃げ延びることができる。走れ」
振り返ると、汗でびっしょり濡れた彼の青い瞳が、俺を見つめていた。
俺は、言葉の裏にある俺の感情が読まれていないか、彼の目を確認する。
彼の目はすぐに俺からはずれた。
しかし彼は俺の手を離そうとはしなかった。
無理もない。今、彼が頼れるのは俺だけだ。

俺は、生まれた時から親に山に捨てられ、土や木の皮を食べて生きてきた。
村の人たちには石を投げられ、「泥棒」と蔑まれたまま、いつか飢えて死ぬと思っていた。
何もかもを恨んでいた。彼が来るまでは。
「せんきょうし」というのが何をするのかは分からない。
ただ彼は、「俺も外国の神様の子だ」とか何とか言い、毎日美味しいものをくれた。
俺に優しくしてくれた。その綺麗な顔で微笑んでくれた。
外国の神様なんて、知らない。
誰かに救ってもらおうなんて、考えてもない。
ただ彼を自分のものにしたくなった。
「ばてれん」というのは悪いものらしい。
今朝、お上が彼を捕まえにきた時、それを知った。
存在自体許されないのは、彼も一緒らしい。
嬉しくなって、俺は彼の手をとって走り出していた。
村で、「ご神体」と言われている山は、俺の遊び場所だった。
ここには誰も来ない。誰も追ってこれない。俺達だけ。
彼は走りながら、胸の前で十字を切った。そして何かを呟いた。
"Eu me achei abandonado por todo o mundo."
カタコトの日本語ではなく、流暢な言葉で、彼がそう言った。
それは彼の国の言葉なのか何なのか分からなかったけれど、祈りのように聞こえたから、
俺は安心させるためにうなずいてみせた。
「もう少しだから」
俺の言葉に、彼がうなずいた。
足が動かなくなりそうな彼を後押しするように、後ろから遠く銃声が聞こえる。
彼の濡れた瞳は、汗だけじゃないような気がした。
気が付かないで。もう少しだから。
この山道は、俺だけの獣道だから、この先に何があるのか知っているのは俺だけ。
…怯えることなんて何もないのに。
「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」
今度は独り言のように彼がそう言ったから。
はっきりした呟きだった。俺はその彼の声の響きを頭で反響させていた。
意味など分からないが、いい響きだと思った。俺のことを言ってくれているのかな。
俺はまた彼の手をひいて歩きだした。
一緒に死ぬための崖は、あと少し。