※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あと1学期

三学期の始業式の日。
あと一学期で高校を卒業する、カウントダウンの始まった日。

三学期はセンター試験までは特別日課で、その後は自宅学習期間に入る。
学校に来て勉強することもできるけど、SHRなんかはもうない。
大好きなあの人に会う時間も少なくなる。
それでも、俺は少しも悲観的な気分になんてならない。
たとえ受験という難関が目の前に立ちふさがっていても。
目の前の道が少しずつ形を成し、かすかな光が導くような、そんな確かな手ごたえを感じる。

始業式の後、図書室で自習して時間をつぶし、他のクラスメートが帰ったのを見計らって、数学科資料室に行く。
クラスの担任が、優しい笑みを浮かべて部屋の中に招き入れてくれた。
いつから好きになったのか、先生の気持ちに気づいたのはいつだったのか、もう思い出せないくらい一緒にすごした。
子ども過ぎる俺は、何度もこの人を困らせたし、大人の先生は、何度も俺を悲しませた。
けれど、それももうすぐ終わる。
先生が俺の頭に大きな手を載せて、慈しむように撫でてくれる。
まだキスもしたことがない。
それは俺が、この人の教え子だから。
そしてそれも、もうすぐ終わり。
少なくとも、今までよりは自由に先生と恋愛できる。

「あと一学期の我慢、だな」
「うん、頑張る」
背中に回った先生の腕の中、俺はただ頷く。
この人がいればどんなことだって乗り切れる。
そんな気がした。