※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

慟哭

世界で一番大切な人を失った時、初めて声をあげて泣いた。

あの時抱き締めてくれた腕があったから、
僕は今、あなたと生きているんだと思う。