※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

*9×*8


「なあ。*8、頼むよ。行くなよ」

*9はどうしようもないばかだ。
そんな今にも泣きだしそうな顔して、声をふるわせて、行くなって必死に俺の手を握る。
ちがうだろう。
行くのは俺じゃない、おまえだろう。
「ガキじゃないんだ聞き分けろ*9。いいか?世の中には役割ってもんがあるんだ。俺は踏み台、主役はおまえと*0。それがこの世界の約束なんだよ」
「聞きたくない。約束なんて、知らない。知りたくもない」
「*9。いつまでも駄々をこねるなよ。おまえはここにいちゃいけないんだ。行くんだ。俺から」
「言うな」
握られていた手ごと体を引き寄せられ、*9の胸にぶつかった。
そのまま、まるで腕の中に閉じこめるかのように強く抱きしめられる。
だから、ちがうんだよ。
俺はどこにも行かないよ。
おまえが、この手を離して行かなきゃだめなんだよ。
「駄々ってなんだよ。俺はこんなに、心臓が痛いほどおまえが好きで、おまえだって同じじゃないのか?それを離れるのがいやだっていうのはわがままなのか?なあ、なにが間違ってるんだよ」
間違っていない。なにひとつ間違っちゃいない。
でもだめなんだよ。世界はそれを許しちゃくれない。
なにをどうしたって俺は*8で、おまえは*9だ。
おまえだって本当はちゃんとわかっているんだろう?

「*9」
*9の腕の拘束を全力で振りはらう。
涙、いまは出るなよ。まだだ。ここが勝負どきなんだ。
どうか顔がうまくつくれていることを願った。
「俺がいままでおまえのそばにいたのはおまえが*9で俺が*8だからだ。ただ仕事をこなしていたにすぎないんだよ」
俺さ、これでもおまえが*9で、俺が*8でよかったと思ってるんだ。
だって*8は*9のために存在してるようなもんだから。
おまえがおおきく飛び立つ踏み台になれるんなら、それ以上のしあわせなんて他にないと思うんだ。
「個人的な感情で動かれたら迷惑なんだよね。こっちは真面目にやってんだ。最後まで仕事ちゃんとやらせてくれよ」
*9、泣くなよ。
おまえのそういう優しいところ好きだけどさ、最後には笑った顔見せてくれよ。
なあ。*9、頼むよ。

「さあ、踏みにじって、行け」


*9×*8